エンジニアとしてステップアップするには?

AWS勉強はスクールが良いのか?おすすめスクールを現役が解説

AWSの勉強をしてインフラ構築出来るようになりたい!社内のDXを推し進めたい!

けどどうやって勉強すればいいの?AWS学ぶために良いスクールある?

今回はこのようなAWSを勉強したい方向けの悩みを解決する内容になります!

 

記事執筆者:オザック

Web開発を生業にしていてエンジニア歴8年以上のオザックです!

某有名R社で働き、副業も含めて個人事業主で関わってきたプロジェクトは20以上。

AWS SAAを一発合格した。

 

結論から言うと

結論

  • バックエンドの実務経験が5年以上の方はAWS SAAを取得する勉強をするのが吉
  • プログラミングの実務経験が浅い人、未経験者はAWSスクールに行くのをオススメ

 

プログラミング実務経験の浅い方、未経験者はこちら

バックエンドの実務経験があるエンジニアはAWS SAA資格の勉強をすると良い

そもそもAWSスクールに行く必要があるのか?

という観点から考えていくと、バックエンドの実務経験が5年程度以上ある方は独学で出来ると思います。  

(人によって能力差はあるので、必ずしも出来るわけではないです)

 

オザック
この後の記事を読んで確認してみてください

AWS SAAの資格勉強は実務でもかなり役立つ

AWS SAAの資格を取ることには意味があるの?

 

と思っている方もいると思いますが、SAAの資格はかなり実務的なテスト内容になるので、 資格を取得する勉強をするだけでも実務で役に立ちます!

 

逆に普段AWSを使ってる人でもSAAのテストをやると意外と知らない細かなことが多いので、 SAAの資格勉強はAWSを今後使って仕事をしようとする人にとっては有用な資格です!

 

オザック
実際に僕自身がAWSを普段使っていて、SAAの勉強をしてみたら知らないことが多くSAAを取って良かったなと思いました!

AWS SAAの独学勉強はバックエンドの知識がある程度必要

AWS SAAの勉強をするには以下のようなバックエンドの知識があると独学でも挫折せずにAWSの勉強が出来ます。

 

必要なバックエンドの知識

  • Dockerfileを0から書いたことある経験
  • Webサーバ(Apache,Nginxなど)を仕事で使った経験
  • 基本的なLinuxコマンド
  • RDBを使った仕事で使った経験
  • バックエンドのプログラミング言語の経験
  • (CI/CDの構築経験)

 

上記あたりがあると独学でも挫折しないでしょう。   ただCI/CD構築経験はなくてもAWS SAAを勉強する上ではなんとかなります。

 

具体的な勉強方法はこちらの記事が参考になります

【経験談】AWS SAA資格勉強方法/時間/対策(ソリューションアーキテクト)

ネットワーク周りの知識はAWS SAAの勉強をしながら身につければ大丈夫

またインフラと言うとまずネットワークの知識が最初必要になります。

などがネットワークの知識として必要ですが、 これはAWSの勉強をしていく中で一緒に勉強していくことが可能です。  

 

なのでネットワークに自信のないエンジニアでも大丈夫ですので、まずはAWS SAAの勉強する方法を確認しましょう! 

【経験談】AWS SAA資格勉強方法/時間/対策(ソリューションアーキテクト)

AWS SAAはUdemy動画で勉強するのが一番コスパが良い

2000円程度でAWSの勉強が出来ます

30日間返金保証,セールやってることがあるので、確認してみましょう!

まずは上記でAWS SAAの勉強が出来るので観てみましょう!   Udemyの動画は

  • いつでも
  • どこでも
  • 永久的に

観れる上に、動画なのでかなりわかりやすいです。 実際に僕もこの動画で勉強して一発でSAAの資格を取りました。

プログラミング経験が浅い人、未経験者はRaiseTechスクールでAWSを勉強するのがオススメ

バックエンドのプログラミングの経験が3年未満の方、未経験者の方はAWSのスクールに行って勉強するのが手っ取り早いです!

 

AWS SAAを未経験から勉強して取ることも出来ますが、

プログラミング経験が浅い人がSAAを独学で勉強するデメリット

  • プログラミングの経験が浅いため勉強しても実務レベルで使えるまで想像しづらく、勉強の効果が薄い
  • 資格取得が目的化してしまう

というデメリットがあります。

 

なので上記にプログラミング経験が浅い方、未経験者はAWSスクールで勉強するのをオススメします!

 

一番AWSを勉強するのにオススメのスクールはRaiseTechです!

 

RaiseTechスクールのおすすめポイント: AWS専門のコースがある

RiseTechにはAWSを学ぶための専門のコースがあります。

他のプログラミングスクールではクラウドを扱うものの、あくまでプログラミング勉強が主体で、

スクール中に作ったものを公開するためにAWSを使ってWebサーバを構築します。

 

なのでAWSを詳しく学びたい人向けではないです!

その点RaiseTechはAWSを詳しく学ぶためのスクールなので

  • AWSを今後仕事で使っていきたい方
  • 未経験でAWSを学びたい方
  • クラウドというものを学びたい方

はオススメです!

16,800円/月〜(学生は12,000円/月〜)

RaiseTechスクールの無料説明会を確認してみる

30秒で申し込み可能

RaiseTechスクールのおすすめポイント: 現役のインフラエンジニアがサポート

RaiseTechのおすすめポイントとして現役のエンジニアしか採用していない!という点です。

 

実際現役エンジニアからAWSを教わるメリットとしては

ポイント

AWSの実際の現場での運用ノウハウを学べる

ということです。

 

これは他のスクールではなかなか少なく、理由としては現役エンジニアの給与が高いためスクールで雇うのは難しいからです。

 

現場でのノウハウというのは重要で、ただAWSのそれぞれのリソースを教えるならUdemyの動画でハンズオン形式で十分学べます。

 

現場でのノウハウというのは例えば

参考

  • EC2をコンソールで立てることは現場ではあまりやらず、IaC化してやることが殆ど
  • CloudWatch Logsは見ずらいから実際はCloud Stackなど別のやり方をしている会社が多い
  • Serverlessの考え方やLambdaは頻繁に使うので、ちゃんと使えるようにしておくと良い。またServerless構築用のフレームワークをよく使う

など現場で実際に経験しているからこそ、

よく使われるユースケースやコンソールで立てられるけど立てないほうが良いといった、現場ならではのノウハウを学べます。

 

RaiseTechスクールのおすすめポイント: 半永久的にオンラインサポートしてくれる

他のプログラミングスクールにはない特徴ですね。

スクールを卒業しても半永久的に

  • 質問し放題
  • 個人面談・補講などわからなかったところはサポートしてくれる
  • 随時追加される学習サポートのための動画教材が見放題

といった、常に現役エンジニアに聞ける環境がもらえます。

 

オザック
実際AWS SAAを持っている僕自身仕事をしていて、IaCの実装方針や、AWSのアーキテクチャ設計に悩んだりするので、常に相談相手がいるというのは心強い存在であり、AWSの知識が常にブラッシュアップされる環境です

 

RaiseTechスクールのおすすめポイント: 転職、就職はもちろん、案件獲得もサポート

就職や転職は勿論、案件獲得もサポートしてくれるので安心です。

 

ちなみにAWSの副業案件を探す方法はこちらの記事が参考になります

【AWS案件獲得】4つのAWS副業方法を現役エンジニアが解説

 

16,800円/月〜(学生は12,000円/月〜)

RaiseTechスクールの無料説明会を確認してみる

30秒で申し込み可能

AWSを学ぶときに選ばないほうが良いスクール・勉強方法

AWSを学ぶのに選ぶべきでないスクール・勉強方法

  • プログラミングを学ぶためのスクール全般(TechCamp, DMM Webcamp,Techアカデミーetc)
  • 未経験者の独学でAWSを学ぼうとする

上記は絶対にオススメしません。

 

プログラミングを学ぶためのスクール全般はおすすめしない

プログラミングを学ぶためのスクールでは、自分で開発したプロダクトを公開するためにAWSでインフラ構築を学びます。

ただそこで学べるAWSというのはあくまで最低限自分自身が作ったプロダクトを公開するための知識に過ぎないです。

 

AWSについて詳しく勉強したい方というのはあまり向いていないのでやめましょう。

 

プログラミング未経験者が独学でAWSを学ぶのはおすすめしない

また未経験者の独学でAWSを学ぼうとするのもよくありません。

先程も少し触れましたが、AWS SAAの勉強はあくまでプログラミング経験がそこそこある人がやることで実務に生かせる資格となります。

 

ここに注意

全くAWSに触れたことのない未経験者が勉強すると、ただ資格を取るだけの勉強になってしまい、実践的なスキルや知見は身につかないです。

理由は使い方や用語、多少の構築方法は理解できても、どういう時に使うのか、なぜ使うのかというのが、

全くの未経験だと想像しづらいからです。

 

16,800円/月〜(学生は12,000円/月〜)

RaiseTechスクールの無料説明会を確認してみる

30秒で申し込み可能

AWS SAAの勉強やRaiseTechスクールに行くのを悩んでる方へ

今後クラウドというのはますます需要を伸ばすことは間違いないです!

 

今ではインフラはバックエンドエンジニアが担う会社も少なくないです。

 

なので今後のキャリアアップのためにもクラウドを勉強しておくことはとても需要になります。

 

AWSの勉強はスクールが良いのか?オススメのスクールまとめ

まとめ

  • AWSの勉強は5年程度以上はAWS SAAの勉強を独学でやれば勉強できる
  • プログラミング経験が浅い人、未経験者はRaiseTechのスクールが良い

 

AWS SAAの勉強を独学で出来る方はこちら

2000円程度でAWSの勉強が出来ます

30日間返金保証,セールやってることがあるので、確認してみましょう!

プログラミング経験が浅い人、未経験者はこちら!

16,800円/月〜(学生は12,000円/月〜)

RaiseTechスクールの無料説明会を確認してみる

30秒で申し込み可能

-エンジニアとしてステップアップするには?

© 2021 エンジニア副業道場 Powered by AFFINGER5