エンジニアとしてステップアップするには?

【経験談】AWS SAA認定資格勉強方法/時間/対策(ソリューションアーキテクト)

 

オザック

今回は実際に僕がAWS認定ソリューションアーキテクト(AWS SAA)を取得した勉強方法をご紹介します。

AWS未経験者の方でもこのやり方でちゃんと勉強すれば取れるはずです!

 

結論から言うと

合格のポイント

 

具体的な勉強方法についてすぐ見たい方はこちら

 

Udemyの動画の勉強方法や実際の問題例に関して具体的に書いているので、AWS SAAに合格したい方は是非最後まで読んでみてください(3分程度で終わります)。

 

今回紹介するのを勉強方法を実践すれば十分に受かることが可能です。

ポイント

今回の方法はAWSを使ったことない人でも十分にAWS SAAに合格する内容です。

目次

AWS SAA(ソリューションアーキテクト アソシエイト)試験に合格するために使った勉強時間・お金

もっと密度濃く短期間で勉強することも十分可能かと思います

AWS SAA資格に費やした勉強時間

勉強した時間

時間は大体1ヶ月程度で、平日は1時間程度、土日祝日は3時間程度Udemy動画を勉強。

 

AWS SAA資格に費やしたお金

使ったお金

勉強のために使ったお金はUdemyの動画2つで4000円程度、AWSの問題集はkindle unlimitedに契約していたので0円。

(後述するが実質Udemy動画は1つで十分なので2000円程度)

 

お金0円というのはまず不可能だと思ったほうが良いです。

15000円の試験をドブに捨てたくないなら、数千円程度は掛かることは覚悟しましょう!

具体的な勉強方法についてすぐ見たい方はこちら

 

AWS SAA(ソリューションアーキテクト アソシエイト)資格取得前の前提知識はなくて問題ない

仕事でAWSを多少使っていました。

 

使ったことのあるリソースは

EC2やLambda、RDS、FargateなどWeb系で使われるリソース群です。

 

参考

ただ使ったことある程度で詳しいことはわからないので毎度使うときは調べて使うといったレベルで、結局AWS SAAのために0から勉強しています。

またAWSの知識がなくてもこれから紹介する勉強方法はAWS SAAを取得するのには問題ない勉強方法となります。

 

敷いて言えば前提知識があると勉強時間が短くなるというメリットがある程度。

 

またデータ分析系のことは一切やったことがないです。

そもそもAWS SAA認定資格とは?

AWS SAA認定資格とは?

AWS公式参照

AWS SAAとは「AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイト」の略称です。

アソシエイトのランクは上手で基礎とプロフェッショナルの真ん中に位置しているので、中級レベルという認識で大丈夫です!

 

AWS認定資格を取る人の多くがこのAWS SAAの資格を目指し、おそらく一番AWS認定資格の中で人気の資格になります!

 

AWSを使用した問題解決と解決策の経験が必要

AWS SAAの試験内容として「1 年間の AWSクラウドを使用した問題解決と解決策の実施における経験」と書かれています。

 

未経験者だけど取るの難しいの?

と思う方もいると思いますが、

未経験からちゃんと勉強すればAWS SAAは取ることが出来ます!

未経験でも出来る具体的な勉強方法についてすぐ見たい方はこちら

 

AWS SAAに合格して転職は副業に活かせる

AWS SAAを取ると良いこととして、転職や副業に活かせるということです!

 

AWS公式の認定資格ですし、実践に役立つ問題形式なので、勉強するだけである程度実践に役立ちます!

 

AWS SAAを取って副業をしたい方はこちらが参考になります!

arrow_forward詳しくはこちらの実際に「AWS副業を獲得した方法」が参考になります

AWS SAA(ソリューションアーキテクト アソシエイト)試験概要

問題形式 65個の質問があり複数選択か複数応答
タイプ アソシエイト
実施形式 テストセンターまたはオンラインプロクター試験
試験時間 130分
受験料金 15,000円(税抜)

AWS公式サイト参照

 

また合否は試験問題を解いた後すぐに画面に表示されます。

なので結果は待たされることはないです。

詳しくはこちらの記事のAWS SAA試験の概要や難易度などが参考になります!

【経験者が語る】AWS SAA合格ライン(合格率)と難易度は?難易度が同じ問題も紹介

 

【AWS SAAの勉強方法はUdemy動画で十分】Udemyでの勉強方法を紹介

実際にAWS SAAを取得するために僕がやった勉強法はUdemy動画で勉強する方法です。

Udemyの動画だけ勉強すればAWS SAAの資格は取れます!(ほぼ僕がそれで資格を取得したため)。

 

Udemyの動画を一通り観てセクションの小テストを解く

これだけでOK! AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験突破講座(SAA-C02試験対応版)

2000円程度でお買い得です!

30日間返金保証,セールやってることがあるので、確認してみましょう!

 

まずはこちらをやりましょう!未経験者はもちろん、経験者も必ず見ておきましょう!

 

オザック
最初AWSを使っていたこともあり流し観してたのですが、章問題をやると意外と細かい点で知らない部分があり、最終的には動画をちゃんと観ました。

 

注意ポイント

動画の中にいくつかハンズオンのコマがありますが、未経験者の方はハンズオンのコマなどは必ず実際にやるようにしましょう!

経験者も苦手な部分は必ずやりましょう!意外と知ってるようで知らないことが多いです!

 

もし既に詳しい人などはスピードアップして動画を観て、章問題をやるとか、ハンズオンは飛ばしたり、

動画は觀ずに章問題をやるなどしてショートカットしても問題ないです。

 

実際僕もハンズオンはあまりやっていないです。

 

Udemyの模擬試験は絶対に解けるようにしよう!

Udemyの動画には模擬試験がついています。

 

ポイント

演習テスト1が一番本番のAWS SAAに近い問題です!

必ず演習テスト1は何度も復習するようにしましょう!

他の演習テストは少々マニアックで難しいので軽くやるくらいで大丈夫です。

 

2000円程度でお買い得です!経験者も必ず見ておきましょう!

30日間返金保証,セールやってることがあるので、確認してみましょう!

 

模擬試験に関してはこちらに詳しく載っているので、参考にしてください

【経験談】AWS SAAにUdemy模擬試験で合格2つの勉強方法

AWS SAAを確実に合格したい人のための模擬試験問題集

他にはUdemyの動画の

AWS 認定デベロッパー アソシエイト模擬試験問題集(5回分325問)

の最初の2つのテストをやりました。

 

ただAWS SAAのテストに比べると難易度が少し高めになっているので、これができればまず間違いなく合格出来るでしょう

 

よくセールがやっているので、確認しましょう!2000円程度で買えます!

返金保証,セールやってることがあるので、確認してみましょう!

また

 

こちらの本も勉強しました。

問題形式になっているので、Udemy動画で勉強した後にやるのがおすすめです。

これも勉強しておくと更に確実に合格に近づき、AWSに結構詳しくなるので本業でも活かせると思います!

 

合格のポイント

この本の問題はAWS SAAの問題に出てくるような丁度良いレベルなので、確実に合格したい方はUdemyで学んだ後この本で実践問題をやってみましょう!

改めてUdemyで学んだことで対応出来るのか確かめてみるとより確実に合格しやすくなります。

 

詳しくAWS SAA問題集について書いてある記事はこちらになりますので合わせてご確認ください

【これで合格】AWS SAAおすすめ問題集3選(ソリューションアーキテクト)

AWS SAA(ソリューションアーキテクト アソシエイト)試験勉強でやらなかったこと

上記はやりませんでした。

 

ホワイトペーパーは読んでみても良いと思いますが、Udemyで学んだことがわかればAWS SAA試験は問題ないでしょう。

ちなみに僕は殆ど読んでいないです。

 

ブラックベルトは全く読んでいないです。

 

AWS公式が出している模擬試験は受けませんでした。1回受けるのに2000円ほどかかるので、もし受けたい方は受けてみて腕試しをすると良いと思います。

 

AWS SAA(ソリューションアーキテクト アソシエイト)試験のポイント

最後に試験のポイントを示します。

試験はユースケースに対してどのAWSソリューションが正当か選択肢から選ぶというものです。

 

注意ポイント

つまりただAWSの単語を覚えたり、使い方覚えたりではあまり通用しないです。

 

このような試験構成になっている理由は、実践で通用するためになっていると思われます。

 

なのでSAAの試験勉強をすると実践でどのようにリソースを使うのが良いのかわかります。

 

実際の問題はUdemyの章末問題で試してみると良いです!

 

よくセールがやっているので、確認しましょう!また経験者も必ず見ておきましょう!

30日間返金保証,セールやってることがあるので、確認してみましょう!

 

実際のAWS SAA試験例

実際の試験例としては

AWS SAAの試験例

  • あなたはソリューションアーキテクトとしてS3の運用で非エンジニアがオブジェクトを誤って消さないように設計したいと考えています。以下の選択肢からそれを解決するS3の機能を選択してください。回答: バージョニングを有効にする
  • あなたはソリューションアーキテクトとしてAWSを利用した情報共有の仕組みを検討しています。ストレージとしてはSMBプロトコルによるデータ転送を実施することが必要です。この要件を満たすストレージタイプを選択してください。回答: S3
  • あなたはソリューションアーキテクトとして、社内のCI/CD環境の構築を上司から依頼されました。自動でワークロードを設定することを考えていますが、上司からは一部のワークロードはElastic Beanstalkを利用することが望ましいと指示を受けています。よって、どのワークロードにElastic Beanstalkを適用するべきかを検討することになりました。Elastic Beanstalkを利用すべきワークロードを選択してください。回答: RDSを利用したWebアプリ、実行時間の長いワーカープロセス

 

このような実践を想定したユースケースを提示され回答していくスタイルになります。

 

ポイント

勉強をするときはただ単語を覚えたりなどの暗記的な勉強方法ではなく、

その機能がどのような問題を解決するのかをちゃんと理解して勉強するようにしましょう!

 

AWS SAA(ソリューションアーキテクト アソシエイト)の勉強で苦労したポイント

苦労したポイント

  • 全然使ったことのないリソースは覚えづらい
  • 勉強していくと色々な情報が混ざって整理が必要になる

全然使ったことないリソースは覚えづらいときの対応策

使ったことのないリソースはやはり頭に入ってきにくいです。

 

例えば僕の場合はデータウェアハウス周りを構築したことがなかったので、なかなか覚えられなかったです。

 

対応策としてはUdemyのハンズオンを実際にやって手を動かすことで覚えるということです!

そうすることで、自然と頭に入ってきやすくなります。

 

勉強していくと色々な情報が入って整理が必要になる場合の対応策

これは色々と勉強していくと最初は覚えていることでも、他のリソースの勉強した情報が入ってきて、わからなくなっていくということです。

 

例えばEC2のアクセス制御はIAMのロールで出来たり、IAMユーザで出来たりと方法がいくつかあり、

またそれとは別にネットワークレベルでの制御のセキュリティーグループがあるなど、

似たような情報が入ってくると、わからなくなっていくということです。

 

この場合の対応策は愚直ですが、Udemyの章末問題を何度も繰り返して行い自分の中で整理するということです!

 

よくセールがやっているので、確認しましょう!また経験者も必ず見ておきましょう!

30日間返金保証,セールやってることがあるので、確認してみましょう!

AWS SAA(ソリューションアーキテクト アソシエイト)の資格合格でもらえる特典内容

ここからは余談になり、AWS SAAを取得したあとにもらえる特典の紹介です。

AWS SAA認定デジタルバッジがもらえる

 

AWSが認定したAWS SAA認定デジタルバッジがもらえます。

aws-certified-logo

 

AWS Solutions Architect-Associateデジタルバッジ

 

実際のロゴがこちらになります。

このロゴを使って良いよというAWSのお墨付きになります。

 

AWS認定ストアを使うことが出来る

 

AWS公式のグッズが買えます。

 

(2020/04/05現在はキャプチャの画像の服しかない。。。)

 

AWSストア

 

これしかないです。

 

しかもこれもout of stockとなっていて買えませんでした。

 

コロナで送れないからとか?

 

パーカーがほしいのに。。。

 

AWS関連の模擬試験が無料

 

AWSが公式に出している各試験の模擬試験というのがあり、それが無料で受けることが出来ます。

 

2000~4000円するのでそれが無料になるのはありがたいですね。

 

今回AWS SAAの試験も有料だったので模擬試験は受けなかったですが、無料であれば受けて腕試ししたかったです。

 

AWS認定試験各種の料金が半額になる

 

アソシエイト試験だと税込み16500円、プロフェッショナル試験だと33000円もするので、これが半額になるのはかなり助かりますね。

 

AWS認定試験合格者のみ入れるLinkedInのグローバルコミュニティへ参加出来る

 

LinkedInにあるグローバルコミュニティに入ることが出来ます。

 

採用とかに少し有利になったりするのかな?

 

AWS Certification SME Programへ参加ができる

https://aws.amazon.com/jp/certification/certification-sme-program/

 

ワークショップなどに参加して一緒に試験を作りましょうというプログラムで、

 

参加することになると旅費やホテル代、飯提供もあるようです。

 

ただ結構ハードルが高く、AWSの実践経験と結構な英語力が必要みたいです。

 

参考リンク

【資格取得特典以外】AWSの副業が獲得しやすくなる

直接AWS SAA資格取得とは関係ないですが、AWSの副業をしたい方も多いのではないでしょうか?

副業でクラウドを使って本業やキャリアアップに活かすことが出来ます!

 

ただAWS副業を獲得するのはそんなに簡単ではないです。

その一つの獲得手段として説得力のあるのがAWS SAA資格の取得です!

なのでAWS SAAを取得して副業獲得を目指してみては如何でしょうか?

 

AWS副業の詳しい獲得方法はこちらの記事が詳しいです

【AWS副業で稼ぐ】4つのAWS副業方法を現役エンジニアが解説

AWS SAA(ソリューションアーキテクト アソシエイト)を受けようか迷っている方へ

AWS SAAは取っておいて損のない資格です。

正直資格というのはエンジニアとして必要ないと思っていますが、AWS SAAのような資格は取っておくと良いです。

 

AWS SAAの資格を取ると良い理由

  • クラウドを扱うエンジニアとしてはAWSは必須の知識であるから
  • 試験内容が実戦向きで勉強すると実務でも使える内容だから

 

です。

迷っている方はまずUdemyで動画を見て勉強してみましょう!

それから受けるか受けないか決めてみると良いです。

 

よくセールがやっているので、確認しましょう!また経験者も必ず見ておきましょう!

30日間返金保証,セールやってることがあるので、確認してみましょう!

 

独学で勉強するのが苦手、難しいという方はAWS専門のスクールもあるのでそれに通うのも良いです

AWS勉強はスクールが良いのか?おすすめスクールを現役が解説

 

またMENTAでメンターを探して学ぶのも安く学べて良いです!

詳しくはこちらがとても参考になるのでご確認ください

MENTAの評判/口コミをメンター/メンティーの経験者が解説

AWS SAA(ソリューションアーキテクト アソシエイト)資格勉強方法まとめ

今回はAWS SAAの取得の方法について述べました。

やることは

AWS SAAのためにやること

  • Udemyの動画を見て、最初の章末問題を解けるようにすること(必要な人はハンズオンもやる)
  • AWSの問題集で他の問題にも初見で対応出来るかを確認
  • AWS公式が出している模擬試験受けてみるのも良い

 

よくセールがやっているので、確認しましょう!また経験者も必ず見ておきましょう!

30日間返金保証,セールやってることがあるので、確認してみましょう!

 

AWS SAAの勉強は暗記的なやり方ではなく、

 

リソースやリソースの機能の使い方とどのような利点があるのか勉強しましょう。

 

そうすることでAWS SAAの課題に対応出来るようになります。

 

またもしAWS SAAを持っていてAWS副業を探したい方はこちらを参考にしてください

【AWS副業で稼ぐ】4つのAWS副業方法を現役エンジニアが解説

-エンジニアとしてステップアップするには?

© 2022 エンジニア副業道場 Powered by AFFINGER5