ブログにおすすめのレンタルサーバを知る

【2022年】法人向けレンタルサーバー5選【おすすめ順】

こちらは法人向けのレンタルサーバーを借りたい人のための記事です。

 

記事監修者:オザック

エンジニア歴8年以上、エンジニアとして副業し年に300万程度稼ぐ。

また副業ブログを始めて半年で5桁の収益を達成(1年半ほどで6桁達成)。

記事作成ペースは速くないものの半年という短い期間で5桁の収益を達成するノウハウをTwitterで発信しています

 

 

会社やお店のホームページ作りに欠かせないものと言ったら、そう、レンタルサーバーです。

Webサイトを組み立てていくのに必要な「土地選び」と言えるくらい重要だからこそ、慎重に行いたいものですよね。

 

しかし近年は新興のレンタルサーバーも急激に増えており、どのレンタルサーバーを使うべきか迷う方も多いはず。

 

特に法人向けであれば、サーバーの安定感や速度、そしてセキュリティなども重視したいところです。

 

オザック
そこで本記事ではビジネス用途にぴったりなレンタルサーバーを5つ紹介します。

 

レンタルサーバー選びで大事なポイントも挙げていきますので、ぜひ判断材料にしてみてください。

 

これを選べば間違いなしの法人向けレンタルサーバー!

2分で登録可能

※2022/8~初期費用が全プラン無料になりました!

 

法人向けレンタルサーバー選びで大事なポイント

 

法人向けレンタルサーバー選びで大事なポイントは以下の通りです。

 

※今すぐおすすめレンタルサーバーを知りたい人はこちらをクリックし飛ばしてください。

 

レンタルサーバー選びのポイント

  1. レンタルサーバー契約者数
  2. 容量
  3. バックアップ性能
  4. サポートの有無
  5. セキュリティがしっかりしているか
  6. CPU/メモリ量が十分か

 

法人向けレンタルサーバーを選ぶにあたって大事なことをまとめると、いかに安定してサイトを運用できるかです。

趣味で作る個人のWebサイトと違い、常に訪問者に快適なサイト環境を提供しなければなりません。

 

これらのポイントをおさえたレンタルサーバーでないと、ビジネスチャンスや顧客の信用を失う可能性もありますよ。

 

それぞれ理由を説明していきますね。

 

法人向けレンタルサーバーの評価方法1:レンタルサーバー利用・契約者数

 

法人向けレンタルサーバーを選ぶ際、サーバー自体の契約者数が多いかどうかは非常に重要。

 

利用者数の多さは、たいてい評判の良さに比例しますよね。

ビジネス目的で利用するのに、あえて口コミの全くない未知のレンタルサーバーを利用するチャレンジャーな方は少ないはず。

 

もうひとつ契約者数を重視する理由は、ネットで技術的な情報が見つかりやすいからです。

社内にWebに詳しい担当者がいればまだしも、そうでない場合はマニュアルやWeb上の情報に頼らなければなりません。

 

法人向けレンタルサーバーの評価方法2:充実した容量があるか

 

データがどのくらい保管できるのかもチェックすべきポイントです!

 

テキスト中心のサイトであれば、5GBあれば足りなくなることはほぼないでしょう。

 

しかしネットショップ運営や顧客データを大量に扱う場合、かなりの容量が必要になってくる可能性もありますね。

こうした用途の場合、最低でも100GB~300GBくらいあった方が安心です。

 

法人向けレンタルサーバーの評価方法3:使いやすいバックアップ機能

 

レンタルサーバーのバックアップ機能も重視すべき。

 

いざという時のために、自動でバックアップデータを取得してくれるレンタルサーバーを選ぶようにしましょう。

 

もしもの時に顧客データやショップの注文データなどが消失してしまったら取返しのつかないことになってしまいます。

ビジネス用のプランであれば大抵バックアップ機能はついていますが、過去どのくらいの期間まで遡れるかも見ておいた方が良いですね。

 

法人向けレンタルサーバーの評価方法4:充実したサポートがあるか

 

契約者向けのサポートの有無もチェックしておきたいところ。

 

メールやチャットのサポートはどこのレンタルサーバーにもありますが、電話やZoomでのサポートがあるとさらに心強いですよね。

レンタルサーバーによってサポートが有料の場合もありますので確認しておきましょう。

 

法人向けレンタルサーバーの評価方法5:セキュリティがしっかりしているか

 

セキュリティ対策ができるかどうかも大切です。

具体的には、そのレンタルサーバーを使ってWebサイトをSSL化できるか?という点。

 

SSLとは?

SSLとは、Web上の通信を暗号化する仕組みのこと。

暗号化されていないWebサイトは個人情報が盗まれてしまう可能性もあります。

 

またGoogleではWebサイトのSSL化を推奨しているため、SSL化すれば検索順位へプラスに影響すると言われています。

なおSSLは無料のものと有料のものがありますが、暗号化の強度自体に違いはありません。(※サポートの有無に違いあり)

 

SSLが使えるレンタルサーバーを選ぶことは、自身やサイト利用者を守り、アクセスアップのためにも非常に重要です!

 

法人向けレンタルサーバーの評価方法6:メモリ量は十分か

 

法人向けレンタルサーバーを選ぶ時は、CPUやメモリがどのくらい割り当てられているかも要確認です。

 

これらは大量のアクセスがあるなど高負荷な状況が起きた際に、サーバーがダウンせずWebサイトが問題なく見られるかにも関わってきます。

 

見込み顧客を逃さないためにも、CPUのコア数やメモリ量の多いプランを選ぶようにしましょう。

 

ただしサーバーの混雑具合によってメモリの割り当て量に増減があったり、

そもそも非公開にしているレンタルサーバーもあったりするので、目安程度に考えておくと良いですね。

 

法人向けレンタルサーバーのおすすめ5選

 

いよいよ法人向けのおすすめレンタルサーバーを紹介します。

 

個人で作るWebサイトとは異なりますので、バックアップ性能やサーバーの安定性を最重視して選んでみました。

おすすめ順に紹介していますので、忙しい方は上から順に検討してみてください!

 

法人向けおすすめレンタルサーバー

 

.jpドメインが無料!エックスサーバー ビジネスプラン

※2022/8~初期費用が全プラン無料になりました!

 

エックスサーバーと言ったら、知名度トップクラスの高速レンタルサーバー。

レンタルサーバー選びで候補に必ずと言っていいほど挙がるのではないでしょうか?

 

ビジネス用途なら大容量のプレミアムプランがおすすめです。

 

そしてプレミアムプランの特徴は、.jpドメインが永久無料でついてくるところ!

 

メモ

.jpドメインは日本に住所がある人限定で取得できるドメインです。

.comや.netのドメインと比較して料金が高いですが、その分信頼度も上がります。

 

.jpドメインが永久無料になるエックスサーバービジネスプランは、この価格帯にしては破格!

 

EC-CUBEというネットショップが簡単に作れるCMSも無料で簡単にインストールできるので、ネットショップ利用にもすぐに使えます。

つまりBASEなどネットショップ作成サービスを別途契約する必要もなし!

※EC-CUBEの決済システムを利用したい場合は別途手数料を払う必要あり。

 

エックスサーバー ビジネスプラン
費用 月額3,960円~
キャンペーン価格で3,168円~
ユーザー数の多さ
バックアップ性能
容量 500GB
CPU/メモリ量 12コア/16GB
独自ドメイン&データベース登録数 独自ドメイン・データベースともに無制限
サポート 〇(電話・メール)
SSL 〇(無料独自SSL)

※2022/8~初期費用が全プラン無料になりました!

 

過去14日間の自動バックアップ機能もついているので、もしもの時にも備えられます。

頻度も1日1回と頻繁に行われるので安心ですね。

 

もし、もう少し費用を抑えたい・・・と感じるのであれば、一つ下のプレミアムプランがリーズナブルですよ。

(プレミアムプランは月額1,980円~。容量は400GB。)

プレミアムプランも.jpドメインがつくので、ドメインにこだわりたい方はこちらにしても良いでしょう。

 

2分で登録可能

※2022/8~初期費用が全プラン無料になりました!

 

この機能で破格の費用!ロリポップ ハイスピードプラン

※2022/8~初期費用が全プラン無料になりました!

 

ロリポップ!のエンタープライズプランは、各社レンタルサーバーの中でもぶっちぎりの容量を誇るプランです。

その容量はなんと1.2TB

この容量のレンタルサーバーは他に類を見ませんので、とにかく大容量のプランを使いたい人におすすめ。

 

1.2TBもいらない!という方には月額550円~使えるハイスピードプランもありますよ。

 

エックスサーバー同様、EC-CUBEの簡単インストール機能もあり。

 

無料の電話サポートもついているため、至れり尽くせりのプランです!

 

ロリポップ エンタープライズプラン
費用 2,200円~
ユーザー数の多さ
バックアップ性能
容量 1.2TB
CPU/メモリ量 非公開
独自ドメイン&データベース登録数 独自ドメイン・データベースともに無制限
サポート 〇(電話・メール・チャット)
SSL 〇(無料独自SSL)

 

CPU/メモリ量が非公開なところが気になりますが、

ロリポップいわく大量のアクセスが見込まれるWebサイトも問題なく表示できるようスペックアップを重ねているとのこと。

 

通常月額330円かかるバックアップオプションも無料なので、ビジネス利用にもってこいですね。

 

2分で登録可能

 

使いやすい複数人管理機能!さくらのレンタルサーバー ビジネスプラン

 

ビジネス利用にはさくらのレンタルサーバのビジネスプランもおすすめ。

プレミアムプランの上位版となり、容量も600GBにパワーアップ!

 

独自ドメインとMySQLの数に制限はありますが、それぞれ400個・200個なので複数サイト作成時もそう簡単に足りなくなることはないでしょう。

EC-CUBEの簡単インストール機能もついています。

 

さくらのレンタルサーバ ビジネスプラン
費用 月額2,122円~
ユーザー数の多さ
バックアップ性能
容量 600GB
CPU/メモリ量 非公開(契約時期により異なるとのこと)
独自ドメイン&データベース登録数 それぞれ400個、200個
サポート 〇(電話・メール)
SSL 〇(無料独自SSL)

 

こちらのプランの特徴は、権限設定により複数人でのサイト管理ができる点!

 

サイト運営にあたり、複数人のスタッフでレンタルサーバーにログインすることもありますよね。

ただ外注スタッフに部分的に業務を依頼する場合、そのままログイン情報を教えていいものか…と不安になるケースも。

 

ほぼないと思いますが、万一重要な設定を外注スタッフに変えられてしまったり、個人情報を見られてしまったりすると困る方もいるでしょう。

さくらのレンタルサーバのプレミアムプランならユーザーごとに個別に権限を設定できるため、万一のトラブルにも事前に備えられますよ。

 

ビジネスプランでも機能的には十分ですが、サイバー攻撃への対策をしたい場合サイトのIPアドレスが占有になるビジネスプロプランを選ぶという選択肢もあります。

ビジネスプロは月額3,819円~と価格は上がりますが、セキュリティを重視するなら決して高くはないでしょう。

 

2分で登録可能

さくらレンタルサーバの口コミ評判! 料金は安いがアレが問題…

 

Zoomのサポートが嬉しい!mixhost プレミアムプラン

 

 

mixhostは比較的新規勢のレンタルサーバーですが、最近徐々に知名度を上げてきています。

 

プレミアムプランではWordPressの基本的な操作方法のサポートを専門スタッフからZoomで受けられる点が特徴。

サポート回数も月5回までと大奮発のプランです!

※WordPressサイトでなければZoomサポートが受けられない点は注意。

 

また30日間の返金保証がある点や、法人向けプランにしては割安な点もよいところです。

 

mixhost プレミアムプラン
費用 月額3,960円~
割引後1,980円~
ユーザー数の多さ
バックアップ性能
容量 500GB
CPU/メモリ量 10コア/16GB
独自ドメイン&データベース登録数 独自ドメイン・データベースともに無制限
サポート 〇(メール、Zoom
SSL 〇(無料独自SSL)

 

またmixhostでは過去14日分のバックアップデータを保持してくれる点もポイント。

 

容量や独自ドメイン、データベースの利用可能数も申し分なく、事業用でも十分使えるレンタルサーバーですね!

 

2分で登録可能

 

企業認証SSLあり!ConoHa WING プレミアムプラン

 

 

ConoHa WINGも近年知名度が上昇中のレンタルサーバーです。

初耳だという方もいるかもしれませんが、ロリポップと同じくあの有名なGMOインターネットが運営しています。

 

ConoHa WINGでは、有料オプションでなりすまし対策に有効な企業認証SSLの導入も可能です。

1年間で58,080円かかりますが、企業の実在を証明してWebサイトの信頼性を高めることができますよ。

もちろん企業認証SSL以外にも、無料のSSLも利用できます。

 

ConoHa WING プレミアムプラン
費用 月額5,280円~
割引後4,290円~
ユーザー数の多さ
バックアップ性能
容量 500GB
CPU/メモリ量 10コア/16GB
独自ドメイン&データベース登録数 独自ドメイン・データベースともに無制限
サポート 〇(メール、チャット)
SSL 〇(無料独自SSL、有料企業認証SSLなど)

 

なお欠点としては、契約中のサポートがメールのみになるところ。

(利用検討中の場合のみチャットサポートも可。平日10:00-18:00。)

 

価格とスペック、サポート内容を考慮するとあまり割安とは言えませんが、候補としては一応アリなレンタルサーバーではないでしょうか。

 

 

法人向けレンタルサーバーは価格より安心で選ぼう

 

以上、法人向けのおすすめレンタルサーバーを5つ紹介してきました。

 

法人向けおすすめレンタルサーバー

 

いずれも各社の上位プランですのでベーシックなプランよりは割高ですが、それ以上に安心を買える点は大きいでしょう。

中でも一番おすすめはエックスサーバーのビジネスプランで、抜群の信頼度で利用者からも圧倒的な支持を得ています。

 

オザック
技術ブログである本ブログでもエックスサーバーを利用しています!

 

一方容量の多さを重視したければロリポップ! のエンタープライズプランにしておけば間違いありません。

こちらは他社を倍近く引き離す1.2TBという総容量を誇ります。

 

各社ともに無料のお試し期間がありますので、管理のしやすさを確認する意味でも一度登録してみると良いですよ。

 

2分で登録可能

 

【安すぎ】ホームページ用格安レンタルサーバー9選!用途別に検証

 

【安い】Laravelが使えるおすすめレンタルサーバ6選

© 2022 エンジニア副業道場 Powered by AFFINGER5