ソーシャルメディア | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

ソーシャルメディア

SNSの進化

  • NO IMAGE
  • SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)は、インターネット上で不特定多数のユーザ同士がコミュニケーションを取ることが出来るウェブサービスです。国内ではmixiやGREE、世界的にはfacebookやMySpaceが有名ですが、ユーザは新しいサービスを求め続け、SNSの運営者は常に進化し続けることを求められます。

Twitterのいろいろな使い方 Part2

  • Twitter
  • アメリカに一足遅れ、日本でもTwitterブームがやってきています。有名人が利用したり、企業がPRを兼ねて利用する。利用者が思い思いの活用術を考え、コミュニケーションツールとして進化しています。最近、個人的に目に付いた活用術について記述したいと思います。

WordPress – BuddyPress 導入事例 Part 1

  • NO IMAGE
  • アメブロやはてなブログのようにマルチユーザによる利用を可能とするWordPress UM。そこにプラグインであるBuddyPressを加えることでSNSへと変貌するのですが、最近、このBuddyPressが脚光を浴びているようです。その導入事例(サイト)を幾つかご紹介させていただきます。

Twitterでプロスポーツ選手をフォローしよう!

  • NO IMAGE
  • 何気にこのシリーズは反響があります。日本でのTwitter利用者人口も増え、個人・法人を問わず、様々な利用者を目にするようになりました。今回はシリーズ第3段としてプロスポーツ選手のつぶやきを見てみます。

Twitterで芸能人をフォローしよう!

  • Twitter
  • 先日、「Twitterで有名人をフォローしよう!」を投稿したところ想像以上の多くの方に目を通していただいたようなので、今回はその第二段として日本人芸能人でTwitterをしている方をピックアップしてみました。

Twitterのいろいろな使い方

  • Twitter
  • 日本でも知名度急上昇中のソーシャルメディアサービス「Twitter」。個人利用だけではなく、法人による利用も目立ち始めました。本日は様々あるTwitterの活用方法の中から幾つかご紹介したいと思います。

Twitterで有名人をフォローしよう!

  • NO IMAGE
  • 日本でもTwitterの知名度が上がってきていますが、ブログサービスのように日本人有名人の利用はそれほど目に付きません。それに比べ欧米では有名人の利用者が目立ち、憧れのあの人とチャット感覚でコミュニケーションを取ることができます。英語に抵抗がない方であればコンタクトを取ってみてはいかがでしょうか。

ソーシャルメディアの可能性と用途

  • NO IMAGE
  • 近年、トレンドとして扱われているソーシャルメディアですが、ここには大きな可能性と用途が内在しています。ソーシャルメディアとは、mixiのようなSNSやYouTubeのような動画サイト、はてなのようなソーシャルブックマークも含まれ、インターネットを介して人々がコミュニケーションを図るサービスの総称として使われています。

次世代ソーシャルネットワーク – Twitter

  • NO IMAGE
  • 数年前よりソーシャルネットワークという言葉が出回り、その先駆けとして、ブログやソーシャルブックマークが存在し、最近ではSNSが主流となっています。ウェブ上で利用者同士が情報を発信し、インタラクティブなコミュニケーションを行う。利用者はすでにその存在意義を認識していると思います。

2008-2009 SNSマーケットシェア

  • NO IMAGE
  • オンラインメディアの市場は年々拡大傾向にありますが、その中でもSNSは急成長を遂げ、様々なビジネスの形を作り出しています。今回はそんなSNSのマーケットシェアを国内および海外(グローバル)のユニークユーザ数から見てみたいと思います。尚、調査対象期間は「2008年1月~2009年1月」となっています。

国際語学学習SNSサイト – Lang-8(ランゲート)

  • NO IMAGE
  • Lang-8(ランゲート)は、外国語を学びたい人を支援してくれるSNSサイトです。2007年にできたばかりのサイトでまだ1年ほどしか経っていませんが、登録者数約29,000人(2009年1月現在)と上々の滑り出しをしています。

SNSで必要なのは社交性?

  • NO IMAGE
  • 現実の社会でも人脈を作るには社交性が必要なように、SNSの世界でも社交性は人とのつながりを広げる上で大切な要素です。SNSを利用されたことのない方は「インターネットのバーチャル空間でなんで社交性が必要なんだ」と感じるかもしれませんが、もはやSNSはバーチャルの世界を超えています。

ワイン愛好家向けSNS「Snooth」

  • NO IMAGE
  • SNSが浸透し、mixiやGREEのような総合SNSサイトからマーケットは特定の分野に特化した専門SNSサイトに注目し始めています。今回、ご紹介する「Snooth」はワインに特化したSNSサイトです。英語環境しかないのが残念ですが、ワイン愛好家であれば、情報収集元にしても良いかもしれません。

SNSは年賀状減少の歯止めとなるか?

  • NO IMAGE
  • 本日(10/28)の日経新聞の朝刊で「日本郵政、ミクシィ使い年賀状 住所登録し郵送サービス」という記事を目にしました。詳細は記事をご覧いただければわかるので、概略だけ言うと、mixi(SNS)の会員間で年賀状を送ることができるサービスです。

ブログを活用したビジネスモデル

  • NO IMAGE
  • 株式会社アイカンパニーは、2005年に設立されたばかりの企業ですが、ブログを活用した様々なビジネスモデルで注目を集めています。

ブログは誰に向けて書くもの?

  • NO IMAGE
  • 個人・法人を問わず、ブログを書き続けている人は多いでしょう。最もポピュラーなのは芸能人がファンに向けて書くもの。自分の私生活であったり、仕事の裏話であったり、ファンはそういった何気ない話しに親近感を覚え、さらに応援したくなるのかもしれません。

オススメのブログ Part2

  • NO IMAGE
  • 昨日に引き続き、初回では紹介しきれなかった社長ブログをいくつかオススメさせていただきます。

オススメのブログ Part1

  • NO IMAGE
  • 本日は志向を変え、IT分野に関わらずオススメしたいブログをいくつかご紹介させていただきます。主に企業経営者が書く、「社長ブログ」を中心に取り上げてみました。

ブログの見方

  • NO IMAGE
  • ブログは書き手と読み手の相互のコミュニケーションを可能とするツールです。書き手は情報を発信し、読み手は検索エンジンを通じて必要とする情報(ブログ)に辿り着きます。今、この記事を読んでいただいている方も何かのキーワードからここに行きついたのではないでしょうか。

融資オークション – ソーシャルレンディング

  • NO IMAGE
  • 起業のための資金を確保したい。学校に通うための学費を工面したい。借金の一括返済をしたい。様々な理由でお金を必要とする場合があると思います。もちろん無利子での借り入れや助成金のようなものを得られることがベストですがそうそうある話しではありません。どうせ金融機関に借り入れを起こすことになるなら利子が低い方がいい!

激化するSNS市場

  • NO IMAGE
  • 世界第2位のSNS「facebook」が日本語への正式対応を開始したとの報道がされました。同サイトの登録者数は約1億人とも言われ、国内最大手mixi(1400万人)よりも大きシェアを持ちます。mixiは基本的に日本人を対象にしていますが、facebookはもともとが英語環境ということもあり、全世界にその利用者を持っている点が強みと言えるでしょう。

SNSを日常業務に活用!

  • NO IMAGE
  • mixiやGREEに代表されるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)は、インターネット上のコミュニケーションツールとしてその存在を確立させつつあります。以前のブログと同様に個人レベルでの利用から発展し、今ではビジネスでも一目を置かれる存在になりました。

ペット専用SNS「pedi(ペディ)」オープン

  • NO IMAGE
  • 最近、SNSの用途も多様化してきましたが、ありそうでないサービスというのはまだまだあるものです。そのうちのひとつが先日オープンしたばかりのペット専用SNS「pedi(ペディ)」です。サブタイトルにも付けられている「血統書でつながる!ペットのSNS」が趣旨ですが、それに関係なくペット仲間を増やしていけるサイトだと思います。

SNSの活躍の場

  • NO IMAGE
  • 10代から30代を中心に幅広く利用されているSNS。以前、SNSの多様化という記事の中で概説し、その結びに「今後のSNSは、テクノロジー中心の考え方からいかに特定のビジネスにマッチングさせるかを検討する、本当の意味での実用化段階に入っていくことになるでしょう。」というコメントを書かせていただきました。

SNSの多様化

  • NO IMAGE
  • SNSという言葉を耳にしたことはあるでしょうか。正式には「ソーシャル・ネットワーキング・サービス」と呼ばれ、インターネット上での人と人とのコミュニケーションの場を指します。世界最大級と言われているのが、MySpaceやfacebookで、日本ではmixiやGREEがその先駆者と言えるでしょう。

お気に入りとソーシャルブックマーク

  • NO IMAGE
  • 皆様が普段ご利用されているインターネット、これはパソコンの中にあるブラウザと呼ばれるソフトウェアを起動して接続しているわけですが、世界で最もシェアが高いのはマイクロソフト社が提供している「Internet Explorer」。これは主にWindows環境で標準装備されているため、必然的に利用者が多いともいえます。

 Prev 1 2 3 4 5 Next