mixiがソーシャルコマースに進出!mixiモールを公開 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

mixiがソーシャルコマースに進出!mixiモールを公開

2012年3月21日、mixiとDeNAがソーシャルコマース「mixiモール」を開始したことを発表しました。サービスはmixi内に設けられ、各商品ページに「もってる!」「きになる!」というボタンを使用し、タイムラインに表示することで友達へのバイラル効果を期待しています。

mixiモール

サービスイン時点で、約1500店舗/350万アイテムが用意され、PCだけではなく、スマートフォンや携帯電話にも対応しています。

スマートフォン

ソーシャルコマースは、以前よりFacebookが先駆的に取り組んできましたが、これまで大きな成功は納めていません。f-commerceとmixiモールの大きな違いは、コマース機能を個々のページが持っているか、否かであると筆者は捉えています。

フェイスブックページでは、様々なコマースアプリが散在している上に、企業が個別に開発するケースも多々あります。したがって、商品情報は集約されることなく、商店が乱立するかたちになっています。これは購入者目線からすれば非常に使い辛い。一方でmixiモールは、その名の通り、mixiが一括管理し、楽天市場のように情報が集約されています。

とはいえ、消費者からみればソーシャルコマースもこれまでのインターネットショッピングと大差はないでしょう。「もってる!」「きになる!」といったソーシャル機能が、楽天市場等の品揃えやポイントシステムを凌駕するインセンティブになるとは思えません。

専門家の見解ではインターネットショッピング台頭初期もなかなか普及しなかったように消費者のソーシャルコマースに対する「慣れ」の期間が必要との声も挙がっています。ソーシャルコマースという仕組みを消費者が理解し、そこに明確なメリットを打ち出すことができればEC市場に大きな変革が訪れるかもしれませんが、それは少し先のことになでしょう。

  • ソーシャルコマース 業界キーマン12人が語る、ソーシャルメディア時代のショッピングと企業戦略ソーシャルコマース 業界キーマン12人が語る、ソーシャルメディア時代のショッピングと企業戦略
  • 本日の一冊

    ソーシャルコマースとは、Facebookやmixiといったソーシャルメディアを活用してEコマースを行うことを指す言葉ですが、これによりショッピングのありようが大きく変わるとともにECサイト運営者やネットショップ運営者も戦略変換を迫られます。すでに日本国内においても、EC事業者、大手ショッピングモール各社、ソーシャルコマースを支援する事業者が、「ソーシャルコマース」を今後最も注目するキーワードの一つに挙げており、様々な試みも始まっています。