Pinterest - 海外で急成長を遂げるソーシャルピンボードの可能性 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

Pinterest – 海外で急成長を遂げるソーシャルピンボードの可能性

Pinterest

今、海外メディアを賑わせている新たなソーシャルメディアに「Pinterest」があります。公開後間もなく、現在もメールリクエストによる招待制になっているにも関わらず、月間1200万ユーザを記録し、過去に例を見ない急成長を遂げています。

そのサービスを一言で例えるならば「ソーシャルピンボード」。部屋にコルクボードを置き、お気に入りの写真や絵葉書、時にはメモ等を貼り付ける。これをピンボードと呼びますが、それをソーシャルメディアの世界で実現したサービスです。

これまでも写真を題材としたソーシャルメディアは幾つも存在しました。FlickrやInstagram、FacebookやTwitterにも写真掲載機能はあります。それにも関わらず何故、Pinterestが急成長を遂げているのか?筆者の視点では、ピンボードというプレゼンテーションの良さとマーケティングの可能性が作用しているのではないかと感じています。

プレゼンテーションの良さ

トップページを比較した場合、これまでのフォトシェアリングサービスは、「写真を載せる」ことに力点が置かれてきたような気がします。一方で、Pinterestは「写真を見せる」ことに注力しています。ピンボードというコンセプトから自然とそうなったのでしょうが、この違いが見る人に与える印象は大きく異なります。

また、ミニマルデザインを採用していますが、ユニークな写真の配置が目を引き、メニューがシンプル。高いUXが窺えます。

メニュー

マーケティングの可能性

Pinterestでは、「アカウント→ボード→ピン」という構造で画像を管理します。1アカウントにつき、複数のボード(アルバム)を作成でき、ボートには複数のピン(画像や動画)を登録することができます。

Panera Bread

上図は、Panera Breadという海外でチェーン展開する大手ベーカリーです。ボードには、カテゴリー分けした商品、レシピ、顧客との触れ合い等を紹介しています。物販を行う企業であれば、Pinterestをカタログのように使用し、マーケティングやブランディングを行うこともできるでしょう。

画像や動画は文字よりも高い訴求力を持ちます。ボードを上手く活用することでキャンペーンにも大きなインパクトがあるはずです。

ギフト

また、Pinterestのメニューには「Gifts」という項目があります。予算に応じたギフトを探す機能とお考え下さい。写真には商品ページへのダイレクトリンクを設定することができるため、ECやアフィリエイトとの相性が良く、これまでのソーシャルメディア以上の効果が期待できます。

現時点でPinterestは、収入モデルを明確にしておらず、利用者の獲得に注力しています。その甲斐もあり、一般公開前にして多くの利用者を集め、今後の広告収入やソーシャルコマース等の可能性を感じさせています。

今後、多言語化し、日本語対応になれば、国内利用者も増えるでしょう。逆に国内企業が海外に進出するためのマーケティングツールにも成り得ます。

  • 図解アメリカのソーシャルメディア・ビジネスのしくみ図解アメリカのソーシャルメディア・ビジネスのしくみ
  • 本日の一冊

    「フェイスブックを使わないと時代に乗り遅れる」「フェイスブックで儲けないと」とわけもわからず、飛び込む人や企業が多い。飛び込む前にそれを理解し、 準備をしておかないと「こんなはずじゃなかった」という結果に。フェイスブックやツイッターだけではないソーシャルメディア。個人事業主を含むアメリカの中小企業を中心に20事例を通じ、どのようなソーシャルメディアがどう組み合わされ、どのように使われているかを紹介。