Facebookページのタイムライン化による影響 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

Facebookページのタイムライン化による影響

フェイスブックページ

フェイスブックページのタイムライン化が波紋を呼んでいます。Technolog.jpでは、日本時間の昨晩深夜より新デザインのプレリリースを確認しており、Facebookからは、2012年3月30日をもって、すべてのフェイスブックページに適用されるアナウンスが発表されています。

本サイトでも早速、新デザイン(タイムライン)を採用し、公開していますが、実際に利用してみて気付いた点(メリットおよびデメリット)が幾つかありますので、ご紹介させていただきます。

フェイスブックページのタイムライン化によるメリット

カバー写真

サブウェイのように自社商品をカバー写真として掲載することで、フェイスブックページによるブランディングがさらに向上するでしょう。

メッセージ

新デザインを見ると、カバー写真の下に「メッセージ」ボタンが新設されています。ファンがフェイスブックページ管理者にダイレクトメッセージを送信する場合に使用するのですが、これにより双方間でのコミュニケーションが取り易くなります。

追加ページのデザイン向上

これまでの追加ページは、幅520pxのコンテンツをFacebookのフレームワークに収めるといった感じで、ブランドを強く表現することができませんでしたが、新デザインでは、サイドメニューやその他のコンテンツが削ぎ落とされ、幅810pxのコンテンツを作成することができるようになりました。

810px コンテンツ

追加ページのデザイン向上

フェイスブックページのタイムライン化によるデメリット

デフォルト表示タブの消滅

こちらが今回の変更で最も大きなデメリットになるでしょう。これまでフェイスブックページでは、いいね!をクリックしていない訪問者に対して任意のタブを表示させることができました。これが企業のキャンペーンには有効な手段で、いいね!獲得の糸口にもなっていたのですが、新デザインでは、それを指定することができず、常にタイムラインが表示されます。企業がこれに変わる代替案を模索するか、Facebook側で対応するか、今後の方針はわかりませんが、マーケットは後者を求めるでしょう。

タブ(メニュー)位置の変更

最上図でご覧いただけるように、これまで左側に表示されていたタブがなくなり、カバー写真の下にメニューが表示されるようになりました。項目は4つまで、それ以外は右横の矢印をクリックすることで展開されます。この変更がメリットであるか、デメリットであるかは、ケースバイケースですが、慣れ親しんだインタフェースが変更されたという点でデメリットに分類させていただきました。

まとめ

上記以外にも変更点はありますが、全体として一長一短という感じを受けます。「デフォルト表示タブの消滅」を避け、新デザインへの移行を拒否する動きも見られますが、おそらくFacebookは予定通り、3月30日をもって、全面移行に踏み切るでしょう。

避けて通れないのであれば、新デザインを受け入れ、その中で施策を検討する。多くの方はそう考えているでしょうし、本サイトもその観点からプレリリース段階での移行を行いました。

  • Facebookページ プロフェッショナルガイドFacebookページ プロフェッショナルガイド
  • 本日の一冊

    Facebookのユーザー数の急速な増加に伴い、企業によるFacebookページの立ち上げが加速しています。本書は、Facebookページの作成/活用について、ビジネス面とテクノロジーの両面から解説し、総合的な活用力を身につけるための実践書です。本書は4部構成となっています。