Google+ ゲームを使ってみた感想 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

Google+ ゲームを使ってみた感想

もはやソーシャルメディア(SNS)とゲームを切り離して考えることはできないでしょう。日本ではmobage、GREE、mixiが代表的ですが、その流れは、「Google+」にも及んでいます。8月12日にリリースされたばかりの機能ですが、今後、主力サービスになることは間違いありません。

ゲーム

Google+を利用されている方であれば、画面上部に「」というメニューが追加されたことにお気付きだと思います。2011年8月15日現在、ラインナップは以下の16タイトルです。

  • Angry Birds
  • Bejeweled Blitz Beta
  • Bubble Island
  • City of Wonder
  • Collapse! Blast
  • Crime City
  • Diamond Dash
  • Dragon Age Legends
  • Dragons of Atlantis
  • Edgeworld
  • Flood-It!
  • Monster World
  • Sudoku Puzzles
  • Wild Ones
  • Zombie Lane
  • Zynga Poker

ゲーム

お好きなタイトルをクリックし、Facebook同様、「アクセスを許可」するとゲームが起動します。

Angry Birds

Facebookと比較した場合、ゲーム機能がリリースされたばかりということもあり、タイトル数は少ないですが、ゲーム専用メニューがあり、画面構成がシンプルなため、使い易い印象を受けました。今後、タイトル数が増えてくると検索機能やランキング等のプレゼンテーションが問われると思いますが、その辺りはグーグルの十八番とも言うべき点なので、期待をしています。

もし、Google+がFacebookとの真っ向勝負を挑むのであれば、ゲームタイトルの豊富さとオリジナリティがポイントになるので、それを踏まえ、どのように差別化を図って行くのか、ソーシャルゲームメーカーの需要は今後さらに高まっていくでしょう。