CSSによる隠しテキストの使用には要注意! | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

CSSによる隠しテキストの使用には要注意!

本日のグーグルの「Webmaster Central Blog」でCSSを使用した隠しテキストに関する記事が改めて取り上げられていました。結論から言えば、隠しテキストを使用する場合は画像とテキストの内容が同等でなければならないとのことです。

コードの詳細例は、Webmaster Central Blogに掲載されていますが、このテクニックはメニューデザインに多様されています。筆者も何度となく使用した覚えがありますが、やはりその際に注意していたのは画像とテキストの文言に乖離がないかということです。

極端な話し、テキスト上では公序良俗に反しないような文言を書き、画像は公序良俗違反ということも考えられますので、ここに乖離があるものはスパムとして扱われても仕方ありません。

ウェブデザイナーはクライアントからより質の高いグラフィックを求められますが、同時に検索エンジンも重視しなければなりません。正しいコーディングのガイドラインを把握しておくことは顧客満足の向上にもつながります。