ウェブサイト | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

ウェブサイト

インターネットでの効果的情報収集術

  • NO IMAGE
  • 最近では知りたいと思ったことはすべてインターネットで調べることができます。それこそ書籍に書いてあるような細かい内容まで記載しているサイトもあるため、無料で収集できる情報量は10年前とは比べ物にならないほど増えました。

ホームページ作成手法

  • NO IMAGE
  • ホームページを作成する際、どういった点を考慮するでしょうか?おそらくホームページを作るという方向性が決まった時点で、まず「制作会社に依頼する」か「自社で作成する」かを決めると思います。それなりの精度を求めると必然的に前者になりますし、後者の場合でも社内にそれなりのスキルを持った人材が必要とされます。

欲しい情報を把握 – iGoogle

  • NO IMAGE
  • 以前、ポータルというキーワードがIT業界で流行し、あちらこちらで耳にしました。ポータルとは直訳すると「玄関」という意味で、IT業界においては、様々な情報を一目で把握できる仕組みを指します。例えば、ヤフーのホームページもポータルにあたります。

WordPressがCMSとして利用される理由

  • WordPress
  • すべてのCMSには、共通する以下の要素(機能)があり、WordPressにもそれらが備わっています。WordPressは、オープンソースプロジェクトの中でも最大級の規模を持ち、バージョンアップの頻度やプラグインの数が他の製品に比べて多いということも高い評価につながっているようです。

WordPressの大躍進

  • NO IMAGE
  • ブログまたCMSとして世界的に注目を集めている「WordPress」ですが、WordPressには、アメブロなどと同様に無料ブログサービスを展開する「WordPress.com」と各自がソースコードをダウンロードし、インストールする「WordPress.org」の二つの側面があります。そして、この度、この一年間の大躍進とも言える実績が報告されました。

ウェブサイトの信頼性向上に向けて

  • NO IMAGE
  • ネットショッピングが台頭し始めた頃、現物を目にすることなく物を買うことに抵抗を感じられた方は多いと思います。また、今でもそれがネックになりネットショッピングに手を出せずにいる人もいるかもしれません。これはすべて信頼性から来るものです。

北京オリンピックの速報が知りたい! – グーグル編

  • NO IMAGE
  • 先日、オリンピックの開催にあたり、各国のメダル数や速報を検索エンジン(ヤフー)を利用して調べる方法をご紹介しましたが、同様のことがグーグルでもできるので、ご紹介しておきます。まずはグーグルの検索画面を開き、目的に応じた検索キーワードを入力し、実行します。

CMSの使用上の留意点

  • NO IMAGE
  • 以前、「CMSの利点」という記事を書かせていただきましたが、すべてに陰と陽があるようにCMSにも使用する上での留意点があります。そして、ホームページを制作するにあたって「CMSは万能ではない」ということを念頭においていただいた方が良いかもしれません。

ホームページと文字コード

  • NO IMAGE
  • たまにネットサーフィンをしていると文字化けをしたホームページを見かけます。この主な原因は文字コードにあり、適切な文字コードをインターネットブラウザの「表示」>「エンコード」から選択することでほとんど解消されます。

製造業におけるホームページのニーズ

  • NO IMAGE
  • 中小企業における製造業の中でもっとも多い分野は部品製造でしょう。昔から日本人は手先が器用と言われ、ネジやバネなどの部品製造においては世界でもトップクラスです。そんな部品製造会社がホームページに求めるものは、数百・数千に及ぶ膨大な製品を見る人に簡単に検索をさせ、紹介し、その場で発注を受けられるような仕組みです。

北京オリンピックの速報を知りたい!

  • NO IMAGE
  • いよいよ開会式が明日に迫った北京オリンピックですが、大会期間中、気になるのが日本のメダルの数です。また、個人的に注目している選手がいれば選手ごとの成績も気になるところでしょう。仕事をしているとなかなか情報収集ができず、落ち着かない状況になるかもしれません。

ブログの見方

  • NO IMAGE
  • ブログは書き手と読み手の相互のコミュニケーションを可能とするツールです。書き手は情報を発信し、読み手は検索エンジンを通じて必要とする情報(ブログ)に辿り着きます。今、この記事を読んでいただいている方も何かのキーワードからここに行きついたのではないでしょうか。

ブログツールによるホームページ作成のメリット

  • NO IMAGE
  • 最近のホームページ作成依頼の中で「ブログツールでホームページを作りたい!」というご要望が増えてきています。以前から当ブログでもSEOとブログツールによるホームページの親和性の高さを取り上げてきましたが、お客様の間でもその認識は広まりつつあり、WordPressやMovable Typeといった製品を中心に注目を集めています。

ホームページ制作の得手不得手

  • NO IMAGE
  • ホームページ制作といっても、ウェブデザインやシステム開発など細かく分ければその専門分野は多岐に渡ります。それでは、ホームページ制作と名の付く会社はすべての制作をやっているのかというとそうではありません。

WordPress 2.6 リリース

  • NO IMAGE
  • 昨日、オープンソースブログツールとして人気の高いWordPressからバージョン2.6の日本語版がリリースされました。旧バージョン2.5.1からおそく3か月ぶりのマイナーバージョンアップとなります。今回のバージョンアップでは194のバグフィックスとさまさまな機能が追加されました。以下にその主な機能を列記します。

融資オークション – ソーシャルレンディング

  • NO IMAGE
  • 起業のための資金を確保したい。学校に通うための学費を工面したい。借金の一括返済をしたい。様々な理由でお金を必要とする場合があると思います。もちろん無利子での借り入れや助成金のようなものを得られることがベストですがそうそうある話しではありません。どうせ金融機関に借り入れを起こすことになるなら利子が低い方がいい!

ホームページの開発環境

  • NO IMAGE
  • ホームページ制作依頼を受け、お客様と打ち合わせをする際に様々なご要件をいただきます。「システムのことはよく分からないから全部任せるよ」という方もいれば、システム知識豊富で、ものすごく突っ込んだ話しになるお客様もいらっしゃいます。

ブログとCMSの違い

  • NO IMAGE
  • 最近、ブログのCMS化が進んでいます。「Movable Type」や「WordPress」といった本来ブログツールとして市場に出回っているソフトウェアをCMSとして活用する。専門書も数多く販売されており、注目度の高さが伺えます。それでは以前からCMSと言われていたソフトウェアとこれらの何が違うのか?

ホームページを露出する

  • NO IMAGE
  • 世の中に存在するすべてのものは誰かの目に触れ、評価されたときに始めてその価値が生まれる。ホームページも例外なくその対象となり、検索エンジンがその入口となります。SEO(検索エンジン最適化)という概念もそこから生まれ、今では企業戦略の一つとして組み込まれ、大規模な予算を割くほどになりました。

激化するSNS市場

  • NO IMAGE
  • 世界第2位のSNS「facebook」が日本語への正式対応を開始したとの報道がされました。同サイトの登録者数は約1億人とも言われ、国内最大手mixi(1400万人)よりも大きシェアを持ちます。mixiは基本的に日本人を対象にしていますが、facebookはもともとが英語環境ということもあり、全世界にその利用者を持っている点が強みと言えるでしょう。

仕事上、独自ドメインを持つ理由

  • NO IMAGE
  • ドメインに関する説明は、以前、「ドメインの取得>」という記事の中で書かせていただきましたが、再度、簡単に申し上げますと、ホームページのアドレス「http://www.」以下やメールアドレスの「@」以下に来る文字列を指し、当サイトの場合は「technolog.jp」がそれに当たります。

SNSを日常業務に活用!

  • NO IMAGE
  • mixiやGREEに代表されるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)は、インターネット上のコミュニケーションツールとしてその存在を確立させつつあります。以前のブログと同様に個人レベルでの利用から発展し、今ではビジネスでも一目を置かれる存在になりました。

スパムメール防止 – CAPTCHA

  • NO IMAGE
  • スパムメールと間違えて、本物のお問い合わせメールを削除してしまうことも考えられます。こういったスパムメールへの対応はいくつかあるのですが、その中でも代表的なものが「CAPTCHA」です。

WordPressをCMSとして使う!

  • NO IMAGE
  • 当ブログで何度となく取り上げ、当社でも取扱いのあるWordPress。オープンソースのブログソフトウェアとして多くの愛用者を集め、2008年4月23日現在の最新バージョンはVer.2.5となっております。

ホームページに対する市場ニーズ

  • NO IMAGE
  • 予算に応じて観点は変わるでしょうが、ホームページ作成を検討している方の大半は、「価格」「デザイン」「検索エンジン対策(以下:SEO)」を重視されるのではないでしょうか。あとはこれらの3つのバランスが自分の理想に近いかどうか。

ホームページ制作における利用者指向

  • NO IMAGE
  • 利用者指向」の中でIT企業は、システム指向に偏らず、利用者指向を持ち続けることが大切と言いましたが、本日は、それをホームページ制作という観点から考えてみたいと思います。一番顕著にそれが表れるのは「コミュニケーション」でしょう。そもそも顧客の業務を理解しないまま仕事を進める人は少なくありません。

 Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 Next