WordPress - CMS利用上の注意点 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

WordPress – CMS利用上の注意点

  • 2008/09/12
  • カテゴリー:CMS

WordPressは、最近でこそ、CMSとして注目されていますが、その発端はブログであり、バージョン2.0あたりまではCMSとしての機能は非常に乏しいものでした。しかし、オープンソースという性質もあり、世界中の有志が様々なプラグインを作り、現バージョン(2.6.2)に至り、デフォルト機能でもある程度のCMS機能を持ち合わせるまでになりました。

CMSとしてWordPressを利用する上で、まず、気を付けることはページの作成です。メニュー「作成」の中には、投稿とページがあり、デフォルトで作成をクリックすると投稿が開かれます。しかし、ホームページを制作する上で使用するのはページになりますので、ここは注意しましょう。

投稿とページには、様々な違いがあります。投稿はブログで使用するものなので、カテゴリやタグといった入力欄があります。一方、ページには親ページという階層を指定する項目があります。ホームページでは階層管理は必須といってもよいほど大切なものでCMSとしては欠かせません。

また、プラグインを追加することでページスラグ(ページの別名付与)にも対応することが可能になります。WordPressはタイトルをURL(ファイル名)にする仕様になっており、日本語で入力した場合、以下のようになってしまいます。

例:
タイトル = WordPress利用上の注意点
URL(ファイル名) = %%%%%%

これにスラグを使用することで「wp-point.html」などの任意の値をしていることができます。

上記は、WordPressをCMSとして使用する上での注意点の一部にすぎないので、ご利用の際にはご注意ください。