WordPress 3.0 への移行時期を検討 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

WordPress 3.0 への移行時期を検討

  • 2010/03/17
  • カテゴリー:CMS

3.0はこれまでのWordPressに比べ、特にCMS機能が大幅に拡張されることになっています。「nettuts+」さんでは、その代表的なものに触れていますので、ご興味のある方は参考までにご確認ください。アーリーアダプターはいち早くWP3への移行を望むでしょうが、その前に検討しなければならないことがあります。

大きな課題になりそうなのが、プラグインの互換性です。WP2.7からWP2.8にアップグレードした際、多くのプラグインで不具合が発生しました。WP3ではコードベーシスでのWPとWPMUの統合があるため、それ以上の影響が出ることが予想されます。実際に現状配布されているプラグインでWPMUで動作しないものは結構あります。

次に懸念されるのが、動作の安定性です。安易に想像が付くと思いますが、新しいテクノロジーは不安定さが目立ちます。マイクロソフトのような大手企業が販売するソフトウェアであってもサービスパックがリリースされるまで導入を控えるユーザは数多くいます。WordPressで言えばマイナーアップグレードがそのタイミングにあたります。

これらを総合して考えるとテストもありますので、WP3.1~WP3.2あたりに移行を行うユーザが集中するのではないでしょうか。

関係者の間では、WP3は30日~60日の間にリリースされると言われています。コミュニティ側でもスケジュールは順調に進んでいる旨を公言しているので、日本語版は早ければゴールデンウィーク前後に使用できるようになるかもしれません。

本サイトもWPを使用していますが、プラグイン数も多い(40前後)ため、動向を確かめた上でWP3の導入に踏み切りたいと思います。

(Visited 68 times, 1 visits today)