Drupal導入事例 - ホワイトハウス | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

Drupal導入事例 – ホワイトハウス

  • 2009/11/20
  • カテゴリー:CMS

Whitehouse.gov

米国ホワイトハウスのメディアチームが今月初旬にウェブサイト「Whitehouse.gov」の全面リニューアルを行い、プラットフォームとしてDrupalを使用したことを発表しました。Whitehouse.govは、毎月200万アクセスを超えるメガサイトで、コンテンツだけではなく、洗練されたデザインも注目を集めています。

ウェブサイトの規模が大きければ大きいほどCMSにより享受するメリットは大きく、それと同時にCMSに求められる要件も大きくなります。メディアチームのパブリックアナウンスメントでは、ホワイトハウスのメッセージを国民により正確に、広く伝えることが目的であり、そのためには情報開示を含め、オープンな環境であることが望ましいとしています。

Drupalを含めたオープンソースはそういった意味ではクリーンな印象を与えるのかもしれません。また、Drupalは充実したコミュニティがその最大の特徴で、CMSアワードの受賞要因のひとつにも挙げられています。NASAでも利用されるなど信頼性が高く、モジュール(拡張機能)やテーマも数多く配布されています。

海外に比べ、日本国内でのウェブサイト構築実績はまだまだ少ないですが、ホワイトハウスやNASAといったビッグネームが使用するCMSであれば、企業を含めた利用者側も一目置かざるを得ません。

昨今のオープンソース人気に加え、こういった事例が公になってくるとDrupalへの注目度は否が応にも上がってくるでしょう。

参考サイト