iPhone - iOSアップデートによりSiriがついに日本語対応! | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

iPhone – iOSアップデートによりSiriがついに日本語対応!

日本時間の2012年3月8日、アップルよりiOS5.1がリリースされました。多くの新機能や改善が施されていますが、その中でも注目を集めているのがSiriの日本語対応です。これによりiPhoneの操作性は向上し、部分的な対話型デバイスへと進化を遂げました。

Siriの有効化

iPhoneをiOS5.1にアップデートすると再起動後にSiriの使用の有無を確認されるので、そこで指定すれば完了ですが、念の為、メニューの場所を確認しておきます。[設定] – [一般] – [] をオン/オフにします。

Siriの有効化

Siriの起動と利用方法

Siriを使用する場合は、ホームボタンを長押し(約2秒)します。すると下図のように「ご用件は何でしょう?」と聞かれるので、画面下部のマイクが紫色に点滅している間に話しかけます。点滅が停止した場合は、マイクをタップして下さい。再度点滅します。ダブルクォーテーションで括られた内容がリクエストです。

Siriの起動と利用方法

文字入力にもSiriが活躍

メールやメモ等の文字入力を行う際もSiriは活躍します。上記と同じようにSiriを起動してメールを作成する方法もありますが、これまでのように文字入力のキーボードを表示した後でも下図赤枠のアイコンをタップすることで音声入力が可能です。

文字入力にもSiriが活躍

その他

この他にもミュージックプレイリスト(日本語表記のみ)をSiriで再生するなどネイティブアプリの多くが操作可能ですが、マップでのナビゲーションなど一部のアプリは依然として日本語対応していません。

今回のiOSのアップデートでは、Siri以外にもauでFaceTimeやiMessageが利用できるなど特質すべき点が多くあります。新しいiPadのリリースもあり、iPhone利用者はさらに増加するかもしれません。

  • できるポケット au iPhone4S スマートに使いこなす基本&活用ワザ206できるポケット au iPhone4S スマートに使いこなす基本&活用ワザ206
  • 本日の一冊

    auのiPhone 4Sに完全対応!通常の携帯電話との違い、音楽や高機能カメラの楽しみ方、「iCloud」を利用したiPhoneのバックアップ、「フォトストリーム」でパソコンやMac、iPadと写真を共有、「Skype」や「じぶん銀行」の使い方、「auお客さまサポート」の利用法のほか、アップデートにより「iMessage」や「FaceTime」に対応した後、どのように設定すれば機能を利用できるのかも丁寧に解説します。

KEYWORD