iPhone - 災害時に使える無料アプリ | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

iPhone – 災害時に使える無料アプリ

昨日から二日間に渡り、早朝に大規模な地震が日本全国で発生しています。大きな被害も出ており、いつ何が起こるか分からない状況と言えるかもしれません。地震も含め、災害時の備えが重要視されているのではないでしょうか。今回は、災害時に使えるかもしれないiPhoneアプリケーションを幾つかご紹介します。

マップ

標準装備のアプリ。GPS機能で現在地も教えてくれます。道に迷った時、目的地まで辿り着くための手助けをしてくれるはずです。

Skype

災害直後は、携帯回線や固定回線は機能しない場合がほとんどです。一方、インターネットはつながりますので、WiFi経由でSkypeをご利用ください。

Viber

Skype同様、3GおよびWiFiでの通話が可能です。Skypeは利用者同士が双方を承認しない限り、コンタクトへの追加および通話ができませんが、Viberは、アドレス帳内の利用者間であれば通話可能です。

Twitter

通話が難しい場合であれば、Twitterも有効な連絡手段になります。家族や友人同士でフォローしていれば、災害伝言板の役割も果たします。

ゆれくるコール for iPhone

地震発生前に発生地域と震度をアラートしてくれます。直前なので、十分な避難準備はできないかもしれませんが、心構えがあるのと、ないのとでは大きな違いがあります。

今日の地震+

全国で発生した地震情報が10分以内に掲載されます。テレビの地震速報を見れないときにはこのアプリで確認すれば、現状を把握することができるでしょう。

その名の通り、懐中電灯のように明かりを灯してくれるアプリです。懐中電灯ほどの明るさはないですが、停電の際、暗闇を照らすだけの光があります。

ウェザーニュースタッチ

災害時、野外で時間を過ごす場合、天気の気になるところです。比較的的中率が高く、使い勝手の良いアプリはウェザーニュースタッチかなと感じています。

災害時には非常に重要なこれらのアプリ。問題は充電と電波受信ですね。充電は携帯用充電器を持ち歩くなどして対応できますが、電波についてはその場になってみないと分かりません。前段に「使えるかもしれない」と表記したのはこのためです。しかし、あると便利なものですので、お試しください。