無線LANのメリット・デメリット | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

無線LANのメリット・デメリット

オフィスで仕事をしていて気になることのひとつに配線が挙げられます。デスクトップPCを利用している場合、パソコン本体とモニターで2本、プリンタや電話など見渡す限りコンセントを必要とするものばかりで、それに加えてインターネット接続をするためのLANケーブルが無数に存在すると机の下は配線だらけ。こういった状況に頷かれる方も多いのではないでしょうか。

新しく入居するオフィスであれば事前に配線工事を行い、すっきりとしたレイアウトにもできるでしょうが、そう簡単にいかないケースの方が大多数だと思います。せめてLANケーブルだけでも無くなれば・・・ということで無線LANを導入する会社も多いですが、そこにはメリット・デメリットが存在します。

メリットは、多少ながらも配線地獄から開放されることです。LANケーブルとはインターネット接続を行うためにパソコンにつながれているケーブルを指し、電話のように配線元が存在します。ほとんどの会社ではルーターと呼ばれるボックスがあり、ここに複数のLANケーブルがつながれ、ルーターはさらにモデムと呼ばれる親機につながれています。無線LANにするということはルーターおよびLANケーブルが不要になるということなので、それだけでも随分、すっきりした状態になります。

しかし、その一方で通信速度が落ちるというデメリットがあります。技術的な根拠がわからない方でも有線と無線では有線の方が通信速度が速いということは漠然とイメージできると思いますが、受信(ダウンロード)の速度で倍違うケースもあります。これは、インターネットを仕事上利用される方からすると大きなストレスとなり、業務効率化にも影響を与えかねません。

現在、ADSLを使用していて仕事上、支障がないということであれば、FTTH(光通信)環境での無線LANで十分でしょうが、「それでは遅い!」という方は有線を利用された方が良いでしょう。また、無線は有線に比べ、不安定なところがあり、突然接続が切れてしまうことが稀にあります。重要なオンライン処理がある仕事では有線を使用する会社が圧倒的に多いのが現状です。

KEYWORD