その他 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

その他

タスポによる経済への影響

  • NO IMAGE
  • 7月1日より全国で開始されたタスポ機能付自販機によるタバコの販売。成人識別を行うことにより未成年者の喫煙を防ぐことが大きな目的だと思いますが、フジサンケイ・ビジネスアイの記事によるとその普及率は喫煙人口の3割にも達していないらしく、導入費用の回収やタバコ店への影響が問題視されるようです。

在宅勤務導入による管理体制と内部統制

  • NO IMAGE
  • 本日の日経新聞で、NECが全社員の9割にあたる約二万人を対象に在宅勤務制度を本日(7月1日)より開始したことが報じられていました。対象者は週に一度、上司の承認の下、専用パソコン(ハードディスクレス)の貸付を受け、自宅から専用回線(おそらくVPN)を利用し、業務情報にアクセスを行うようです。

法規制導入におけるシステム開発のジレンマ

  • NO IMAGE
  • 内部統制や金融機関のリスク管理など年々、法規制による取り締まりが厳しくなってきています。各業種・企業では、これらに対応すべく管理体制を整え、システムの導入やリプレースを行っているのですが、開発の現場では様々なジレンマがあるようです。

中小企業のIT連携

  • NO IMAGE
  • 大企業と比べ、中小企業は資金、人材、情報のすべてにおいて劣っていることは否めない事実であり、ビジネス上、踏み込めない領域が存在します。残された手段は中小企業同士が連携し、大企業に匹敵するようなネットワークを形成していくことですが、言葉で言うほど単純なものではありません。

アップルの快進撃

  • NO IMAGE
  • 「iPhone 3G」については毎日のようにメディアが取り上げ、7/11(金)のsoftbankからの発売を心待ちにしている人も多いと思います。アメリカでは1年程前に先行販売され、ニューヨークの販売店の前に長蛇の列ができたいたことは記憶に新しいでしょう。

インターネットと五感

  • NO IMAGE
  • 常日頃、インターネットをしていて感じることは、「どうすればインターネット上で五感を満足させることができるのだろう」ということです。「視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚」の五感は人間が生活をする上で、ほとんどの人が使用しているものであり、これが実現できて初めて満足が得られます。

食品販路の再構築

  • NO IMAGE
  • 食品卸大手の伊藤忠食品とポータルサイト(ヤフーのような情報集合サイト)大手エキサイトがタイアップし、インターネット上で1500品目に及ぶ食品の情報をデータベース管理し、ブログや通販サイトの運営者に好きな情報を掲載して貰い、消費者とのダイレクトな販路を確保するというもの。

苦情データベース

  • NO IMAGE
  • 本日(5/30)の日経新聞の記事の中で日生協(日本生活協同組合連合会)が冷凍ギョウザ問題などの再発を防止すると共に、全国の生協で情報共有を図るため、6月より「苦情データベース」を導入するとの内容を目にしました。

米国における起業家平均年齢

  • NO IMAGE
  • 以前、CNETが取り上げた「米国人技術系起業家の平均的な特徴とは?」という記事の中でEwing Marion Kauffman Foundationが調査を行い、その平均年齢は39歳と発表しています。この数字を見て、個人的には「意外に遅い」と感じました。先日、当ブログでも取り上げたfacebookのCEO「Mark Zuckerberg」は、現在24歳。

システム開発の現場における国民性

  • NO IMAGE
  • 仕事柄、いろいろな国の方と一緒に働かせていただく機会があるのですが、国によって仕事に対する姿勢や考え方に違いがあるものだと感じることがあります。

わからないことがわからない

  • NO IMAGE
  • 「ITインフラ整備やシステム導入に関して具体的なイメージやご要望はありますか?」おそらく多くのIT関連ビジネスを取り扱う会社がお客様と具体的な話しをする際に投げかける質問の一つに含まれているのではないでしょうか。

データバックアップの重要性

  • NO IMAGE
  • 今更・・・といった話しになってしまいますが、個人用・仕事用に関わらず消失しては困るデータというものは常に存在します。メール、アドレス帳、文書ファイル、画像データ、音楽データ、仕事の上では顧客データを中心としたデータベースなど死活問題に近いでしょう。

データベースとは・・・

  • NO IMAGE
  • システムを導入するためには、開発会社が利用者の業務を理解することが大切ですが、それと共に利用者側の経営者がシステム導入のメリットおよびデメリットを把握し、担当者レベルでプロジェクトの具体的イメージを持つことも欠かせません。このうちのどれかひとつでも欠ければ、ビジネスとシステムの融合は難しいものとなってしまいます。

専門用語と一般用語

  • NO IMAGE
  • どの業種にもそこで専門的に使われている言葉が存在します。そして、その言葉は一般の方からすると外国語のように意味不明で理解できないことが多々あります。IT業界はその専門用語の数が他業界と比べて非常に多く、そこに慣れ親しんでしまうと誰と話す時も当たり前のように使ってしまいます。

起業家精神

  • NO IMAGE
  • 先日、米国グーグルの2008年第1四半期の決算が発表されました。売上高51億9000万ドル(約5322億円)、純利益13億1000万ドル(約1343億円)となっており、共に前年同期比を30%以上上回っています。

利用者指向

  • NO IMAGE
  • IT業界ではよく「ユーザ・オリエンテッド(利用者指向)」という言葉を戒めのように使います。技術者を中心に日頃からシステムと向き合っているとシステムをベースとしたビジネスの考え方が身に付いてしまい、利用者(お客様)の立場に立ったモノの考え方が低下してしまう傾向にあるからでしょう。

企業間を超えたウェブサービスの連携

  • NO IMAGE
  • 2008年4月15日の日経新聞(ITpro)の中でアメリカのSalesforce.comとGoogleが業務提携を強化した内容が掲載されていました。Salesforce.comはSaaSによるCRMサービスを展開し、近年、急成長を遂げている企業です。以前より両社は提携を結んでいましたが、今回は、Googleの企業向けウェブアプリケーションを無料で提供するというものです。

2008年第1四半期IT予算

  • NO IMAGE
  • ITpro Researchの発表によると2008年第1四半期(1月〜3月)の企業IT投資は以下の6部門において前期(2007年10月〜12月)の平均額を上回ったとのことでした。

グーグルにおける「20%ルール」

  • NO IMAGE
  • 検索エンジン最大手グーグルにはユニークな勤務形態があります。それは「20%ルール」と呼ばれ、社員は自分の労働時間の20%を好きな活動に割り当てるというものです。この仕組みはテレビでも取り上げられているのでご存知の方もいらっしゃると思いますが、社員の中には読書や娯楽を楽しむ人もいます。

携帯電話とCRM

  • NO IMAGE
  • 4月10日のITproの記事によると靴修理チェーン店「ミスターミニット」を展開するミニット・アジア・パシフィックがCRM(カスタマー・リレーションシップ・マネージメント)に本格的に乗り出したとのこと。手始めとして無料メール会員サービス「@MINIT」を開始したところ、予想を大きく上回る登録数を獲得したとのことです。

2008年のIT予算は堅調?

  • NO IMAGE
  • 先週、CNET Japanの記事にも掲載されましたが、アメリカの調査会社Gartner社の発表によると2008年における企業のIT予算は削減されることはなく、逆に世界全体としては3.3%の増加になるそうです。

人は見た目で判断する

  • NO IMAGE
  • 有名な定説ですが、認知心理学において人間は五感の中で視覚を最も重視し、80%以上を見た目で判断しているそうです。旅行で海の傍の旅館に宿泊し、美しく盛り付けられた刺身が出てくると無条件で「地元で獲れた魚かぁ・・・おいしそう!」と思います。実は築地で仕入れたというオチがあるかもしれません。

電話のこれから

  • NO IMAGE
  • 昨年7月に開始されたNTTが提供するサービス「DIAL104」。以前は、104に電話をすると知りたい電話番号を教えてくれるだけのサービスでしたが、それがかけなおしをすることなく、ダイレクトに取り次いでくれるサービスとして話題になりました。

データ(情報)量の概念と実態

  • NO IMAGE
  • 家電量販店でパソコンの最新機種を見ると10万円台は当たり前、ハードディスク(以下:HDD)のサイズも100GBを超えるものばかり。Windows 95が出回りだした当初は30万円以下のパソコンはほとんど存在せず、HDDも2GB程度でした。当時のスーパーコンピュータが今のパソコンといったところでしょうか。

システムから見た基礎年金番号の照合問題

  • NO IMAGE
  • 最近、メディアで以前ほど報道されなくなってしまった年金問題ですが、一体、その後どうなっているのでしょうか。昨年、舛添大臣は「2007年内の解決を断行する!」と明言しましたが、結局はその難易度を把握し撤回。ガッカリした国民も多いと思います。基礎年金番号を照合するといってもそれは簡単なことではありません。

中小零細企業向けのITインフラ整備

  • NO IMAGE
  • 中小零細企業のIT環境を考える場合、キーワードになってくるのは、「低価格」「省スペース」だと思います。今回はその中でもコピー・プリンタ複合機について感じることを綴っていきます。

 Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 Next