読者別アクセス状況(2011/11) | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

読者別アクセス状況(2011/11)

2011年11月のアクセス状況は来年の市場動向をうかがわせる結果となりました。ブラウザではGoogle Chromeの躍進、IE8の長期定着、モバイルとクラウドの複合有効利用。今月もその点を中心に情報配信を行なっていきたいと思います。

ブラウザシェア

①  31.24%(前月比 : 99.52%)
②  25.01%(前月比 : 101.58%)
③  19.10%(前月比 : 99.17%)
④  16.08%(前月比 : 106.14%)
⑤ その他 8.57%(前月比 : 89.46%)

Google ChromeとSafariがそれぞれシェアを上げ、それ以外が減少する結果となりました。Firefoxは、2位から大きく後退し、Safariと僅差になっています。本サイトはテック系ウェブマガジンなので、このような結果になっているのかもしれませんが、グーグルのマーケティング効果もあるでしょう。その他のトップはAndroid Brouwserなので、合算するとグーグルのブラウザはIEにも肉薄します。

IEバージョン情報

① Internet Explorer 8 51.25%(前月比 : 97.10%)
② Internet Explorer 9 28.63%(前月比 : 106.04%)
③ Internet Explorer 7 10.06%(前月比 : 99.41%)
④ Internet Explorer 6 10.02%(前月比 : 99.50%)
⑤ その他 0.04%(前月比 : 133.33%)

ようやくIE6/7のシェアが1割を切ろうかというところまできました。WinXPユーザは未だ多数存在しますが、それでも買い替えに伴い、Win7が浸透していると言えます。しばらくはIE8が主流となるでしょう。その他の数字はすべてIE10になります。

人気記事ベスト10

先月に引き続き、iPhone 4Sの購入からGMAILやiCloudの同期に伴い、本サイトを訪問された方が多いようです。また、クラウド関連の人気が根強く、特にDropboxの複数アカウントの同時利用に興味を持たれる方が目立ちます。アンケートでもクラウド関連記事の支持が非常に高いので、今後も取り上げていきたいと思います。