読者別アクセス状況(2011/08) | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

読者別アクセス状況(2011/08)

2011年8月は、スマートフォンとクラウドに人気が集中しました。また、パソコンが買い換え期にあるのか、関連記事と共にIEのバージョンが徐々にIE9に移っています。一方でブラウザ全体としてのIEのシェアは減少し、引き続きGoogle Chromeに高い上昇傾向が伺えます。

ブラウザシェア

①  31.79%(前月比 : 96.98%)
③  24.04%(前月比 : 104.57%)
②  22.00%(前月比 : 100.87%)
④  12.04%(前月比 : 98.53%)
⑤ その他 10.13%(前月比 : 99.31%)


Google Chromeのシェア上昇傾向が引き続き見られ、他のブラウザは停滞または減少傾向にあります。IE9のリリースでマイクロソフトは巻き返しを図りましたが、本サイトで見る限り、その効果は見受けられません。

IEバージョン情報

① Internet Explorer 8 55.23%(前月比 : 92.28%)
② Internet Explorer 9 19.79%(前月比 : 132.55%)
③ Internet Explorer 6 13.74%(前月比 : 98.00%)
④ Internet Explorer 7 11.23%(前月比 : 98.16%)
⑤ その他 0.01%(前月比 : 14.29%)

IE9を除くすべてのバージョンでシェアが減少傾向にあります。IE9はアップデートでも公式配布されているので、その効果があるのかもしれません。しかし、一部のビジネスアプリや業務システムが依然としてIE9に対応していないなど、現場レベルでの問題がアップデートの阻害要因になっているようです。

人気記事ベスト10

人気記事に大きな変動はありません。スマートフォンやクラウドが高い人気を集めています。昨今、Evernoteが活用コンテストを開催するなど、クラウドはサービス定着からソーシャルな発展段階に移っています。オンラインストレージとして人気のDropboxも「単なる利用」から次のステップが求められているのではないでしょうか。