読者別アクセス状況(2011/07) | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

読者別アクセス状況(2011/07)

2011年7月は、AndroidとMac OS X Lionが注目を集めた月と言えるでしょう。アクセスのあった記事やブラウザシェアの状況からもその動向がうかがえます。以下では本サイトにおけるブラウザシェア、IEでのバージョンシェア、人気記事を取り上げております。

ブラウザシェア

①  32.78%(前月比 : 92.44%)
③  22.99%(前月比 : 100.22%)
②  21.81%(前月比 : 96.80%)
④  12.22%(前月比 : 130.14%)
⑤ その他 10.20%(前月比 : 105.15%)


本サイトにおいては、Google Chromeが2位の座を完全に確保した印象を受けます。また、その他の内訳としてトップ(5位)がAndroidになっており、先月までのDoCoMoは後退しています。これはガラケーからスマートフォンへの移行が進んでいる現状の表れとも言えるでしょう。Safariが大幅に上昇しているのは、「Mac OS X Lion」のリリースとその記事へのアクセス集中が要因です。

IEバージョン情報

① Internet Explorer 8 59.54%(前月比 : 92.21%)
② Internet Explorer 9 14.93%(前月比 : 174.62%)
③ Internet Explorer 6 14.02%(前月比 : 97.70%)
④ Internet Explorer 7 11.44%(前月比 : 91.34%)
⑤ その他 0.07%(前月比 : 350.00%)

Windows Updateでの配信の影響か、先月まで4位だったIE9が大幅に順位を上げ、2位に浮上しています。一方で、IE6とIE7の合計が25%を超えており、これは利用者のセキュリティの観点からも好ましくありません。本サイトはICTウェブマガジンですから読者も基本的にはテクノロジーに興味をお持ちの方が大半です。インターネット利用者全体として見た場合のIE6/IE7のシェアはさらに高いでしょう。

人気記事ベスト10

販売初日に世界で100万ダウンロードを超えた「Mac OS X Lion」の記事にアクセスが集中し、ランクインしてきました。一部のソフトウェアが互換性から動作しないため、アップグレードを控えているユーザも多いと思いますので、今後、ソフトウェアの稼働状況に応じてさらにダウンロード数は増えていくでしょう。また、Android関連の記事へのアクセスからも国内でもスマートフォン普及状況が伺えます。