読者別アクセス状況(2011/06) | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

読者別アクセス状況(2011/06)

先月もクラウド関連の記事が人気を集め、TOP10のうち6記事を占めています。ブラウザシェアではGoogle Chromeが2位を維持し、さらに伸びを見せています。首位のIEは、IE9への移行が進むものの、IE6の利用者が根強い結果となりました。

ブラウザシェア

①  35.40%(前月比 : 101.49%)
③  22.98%(前月比 : 102.00%)
②  22.52%(前月比 : 100.63%)
④  9.40%(前月比 : 81.31%)
⑤ その他 9.70%(前月比 : 112.14%)


Google Chromeが二ヶ月連続でFirefoxのシェアを上回り、2位の座を維持しています。Chromebookが普及するようなことがあれば、IEとの順位が入れ替わるかもしれません。また、「その他」の中に含まれて分かりませんが、Android BrowserがOperaを抜き、6位に順位を上げています。今後、スマートフォンの普及と共にSafariを上回るかもしれません。

IEバージョン情報

① Internet Explorer 8 64.57%(前月比 : 95.07%)
② Internet Explorer 6 14.24%(前月比 : 108.95%)
③ Internet Explorer 7 12.52%(前月比 : 102.62%)
④ Internet Explorer 9 8.65%(前月比 : 127.77%)
⑤ その他 0.02%(前月比 : 40.00%)

IE8の利用者がそのままIE9へ移行するような結果となりました。やはりモダンブラウザを使用する人はアップデートへの対応も早いですね。一方でIE6のシェアが依然として14%を超えているという状況は好ましくありません。IE6の利用者は問題なくサイトが閲覧できる限り、アップデートを意識しないでしょうから撲滅運動でもなければ改善は難しいでしょう。

人気記事ベスト10

5月の順位内で入れ替わる形になりました。新規でランクインした「Dropbox – 複数アカウントを同時使用する方法(Windows編)」はやはりニーズがあるようですね。皆様、悩みは同じということでしょうか。