読者別アクセス状況(2010/12) | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

読者別アクセス状況(2010/12)

2010年12月1日~12月31日の本サイトへのアクセス集計を取り纏めました。毎年ですが、クリスマスや正月といった季節ネタへのアクセスが集中した月でした。ブラウザシェアでは、IE(特にIE8)が伸びを見せ、今後、さらなるモダンブラウザへの移行を感じさせます。

ブラウザシェア

①  43.21%(前月比 : 111.94%)
②  20.00%(前月比 : 93.33%)
③  14.43%(前月比 : 109.65%)
④  7.18%(前月比 : 109.95%)
⑤ その他 15.18%(前月比 : 86.74%)


IE、GC、Safariが大幅にシェアを伸ばしています。GCについては、モバイルを中心に一般にも普及し始めているので納得ですが、正直、IEの伸びが推測できません。ただ言えることは、一般統計に基づくブラウザシェアと本サイトにおけるブラウザシェアが近似してきたということです。Safariは先月まで4位だったドコモを4ヶ月ぶりに抜き返しました。

IEバージョン情報

① Internet Explorer 8 65.56%(前月比 : 101.60%)
② Internet Explorer 6 16.89%(前月比 : 88.11%)
③ Internet Explorer 7 16.58%(前月比 : 107.31%)
④ Internet Explorer 9 0.85%(前月比 : 104.94%)
⑤ その他 0.12%(前月比 : 300%)

IE6のシェアが減少しているというのはウェブ関係者からすると喜ばしい限りです。セキュリティ上の問題から総務省でもアップデートを呼びかけていますが、ユーザ側にはその声が届いていないのが実情です。IE9のリリース予測では今年上半期が有力ですが、HTML5が主流になるまであと数年は掛かるのではないでしょうか。

人気記事ベスト10

やはり季節物は強いですね。年末年始のイベントに合わせ、クリスマスと年賀状ネタが首位を占めました。9位に入った「Google Nexus S いよいよ本日発売!」は、16日に投稿したにも関わらずここまで順位を上げています。市場のNexus Sへの関心の高さがうかがえました。

2011年を迎え、これから新しい技術や商品が世の中に出てくるでしょう。可能な限りレポートして行きたいと思いますので、本年の宜しくお願い致します。