読者別アクセス状況(2010/05) | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

読者別アクセス状況(2010/05)

2010年5月1日~2010年5月31日までの本サイトへのアクセス状況を取りまとめました。全体的に大きな動きは見られませんが、以前は、IEとFirefoxだけで90%前後のシェアを持っていた体系が大きく変わってきています。iPadの普及により今月以降、更に大きな変化が見られるのではないでしょうか。

ブラウザシェア

①  37.94%(前月比 : 98.67%)
②  33.54%(前月比 : 102.26%)
③  12.78%(前月比 : 98.69%)
④  6.06%(前月比 : 102.29%)
⑤ その他 9.68%(前月比 : 97.68%)


ブラウザのシェアが拮抗しつつあります。また、5月28日にアップルから販売されたiPadにより今月以降、Safariのシェアが急激に伸びることも考えられます。そうなると必然的にアクセスを集めるのは、iPad関連の記事。来月のアクセス状況が楽しみです。

IEバージョン情報

① Internet Explorer 8 60.07%(前月比 : 104.00%)
② Internet Explorer 6 21.61%(前月比 : 94.82%)
③ Internet Explorer 7 18.21%(前月比 : 94.01%)
④ Internet Explorer 5.5以下 0.11%(前月比 : 137.50%)

IE8のシェアが6割を超え、順調にモダンブラウザへの移行が進んでいるように見受けられます。iPadの台頭で脱FLASH、そしてHTML5が推進される中、次期バージョンIE9の浸透具合にも注目が集まります。一方でIE6のユーザが未だ根強く存在することも確か。先日もある企業では端末の1/3がIE6でした。Windows Updateに対しても不安や手間を感じるのでしょうか。

人気記事ベスト10

人気を集める記事に大きな変動はないものの、これまで最もアクセスの高かったCentOSに関する記事を無料高機能エディタ「Aptana Studio」が抜き、Thunderbird関連の記事が上位に顔を出しています。