読者別アクセス状況(2010/01) | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

読者別アクセス状況(2010/01)

ついこの間、新年を迎えたばかりのはずが、気が付けば2月に入ってしまいました。年明け早々、Kindle DXの日本への出荷やiPadのアナウンスが流れるなど、様々な動きが見られました。本サイトへのアクセス状況にもどういった変化があったのか、以下のに1月分の状況を取りまとめました。

ブラウザシェア

①  41.32%(前月比 : 97.04%)
②  40.11%(前月比 : 100.02%)
③  8.30%(前月比 : 103.23%)
④  6.09%(前月比 : 110.13%)
⑤ その他 4.18%(前月比 : 111.47%)


ブラウザシェアに大きな変動はないようです。若干、IEとFirefoxの差が縮まりましたが、先月より均衡が保たれている状況です。

IEバージョン情報

① Internet Explorer 8 50.12%(前月比 : 107.35%)
② Internet Explorer 6 27.00%(前月比 : 97.90%)
③ Internet Explorer 7 22.77%(前月比 : 88.88%)
④ Internet Explorer 5.5 0.11%(前月比 : 110.00%)

IE8のシェアが50%を超え、徐々にウェブデザイナーにも嬉しい状況が訪れようとしています。一方でIE6の利用者も根強く、Windows Updateを実行していないユーザが未だに数多くいることが分かります。最近ではIEの最新ブラウザを利用していないユーザに対してアップデートを促すサイトもあるようですが、それにより訪問者が減少する恐れがあるため、筆者も含め、実際にアラートを出すことに抵抗のあるウェブサイト管理者は多いはずです。

人気記事ベスト10

前回のアクセス状況は新年ということも有り、正月等の季節物が上位に顔を出していましたが、やはり1月を過ぎるともとのローテーションに戻りますね。LinuxやMozilla関連の記事が上位を占めています。FirefoxやThunderbirdはアップグレードされ、それに伴い、プラグインやテーマの互換性問題があったため、それが起因しているのかもしれません。今月も皆様に目を通していただけるような記事を書いていきたいと思います。

(Visited 177 times, 1 visits today)