低価格で書籍をPDFへ変換「BOOKSCAN」 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

低価格で書籍をPDFへ変換「BOOKSCAN」

BOOKSCAN

KindleやiPadなどの電子ブックリーダーをお持ちの方の悩みの種は、書籍の電子化です。既存書籍はもちろん、新しい書籍についても現状の日本では電子化が進んでおらず、不満を抱いている人は少なくありません。それを低価格で実現してくれるサービスが「BOOKSCAN」です。

東京都世田谷にオフィスを構える合同会社大和印刷は2010年4月に設立したばかりの新しい会社。しかし、消費者のニーズをとらえるサービスと書籍のPDF化1冊100円という内容が注目を浴び、様々なメディアで取り上げられています。

その人気はかなり高いようで、現在作業を依頼すると約1ヶ月待ちという状況です。薄利多売のビジネスモデルであることが想像されますが、延期されているiPadの発売などに伴い、今後の需要は確実に高まっていくでしょう。

利用方法はシンプルで、まずは会員登録を行い、その後、作業依頼を出します。クレジットカードとPayPalのみで事前決済を行った上で、書籍をBOOKSCAN宛に送ります。PDF化した上で納品はメールまたはCD-Rになります。

ただし、1冊100円で対応するのはメールのみで、CD-Rは追加料金が発生します。また、HOWTO本には欠かせない「文字検索」をかけるためには特殊な読み込みを行うため、こちらは1冊100円の追加料金が発生します。

送料負担もありますので、単純に1冊100円では収まらないでしょうが、それでも魅力的なサービスではないでしょうか。

KEYWORD