総務省によるブログ・SNSの経済効果の推計 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

総務省によるブログ・SNSの経済効果の推計

7月13日、総務省情報通信製作研究所が2008年度の「ブログ・SNSの経済効果に関する調査研究」の結果を公表しました。これはブログやSNS上で事業者やユーザ(登録者)が 得られる収益とそこから派生する関連収益を集計したものです。

ブログやSNSが日本で普及し始めた2004年、ブログ市場は6.8億円だったのに対し、現在では160.1億円(関連市場を含めると1961.2億円)まで拡大しています。同様にSNSは0.1億円が498.8億円(関連市場を含めると568.2億円)と大きく飛躍しました。

上記の数字だけを見ると経済効果が高いのはブログですが、事業者が高い収益を上げているのはSNSであることが分かります。また、それぞれの収益構造を掘り下げてみると、ブログは「広告とEC」、SNSは「広告とサービス」が主要な収入源になっています。

同調査では、広告・EC・サービスは以下のように定義されています。

広告
純広告、コンテンツマッチ広告、口コミ広告による事業者の売上
EC
アフィリエイト経由で商品・サービスが購入されることによる事業者/登録者の収益(成果報酬)
サービス
有料サービス提供による事業者の売上

ブログにおいて広告とECは非常に高い関連性を持っています。ブログ内で書籍やグルメをオススメし、アフィリエイトと直結しているケースを多く目にします。関連市場での収益が高いことからも広告効果が高いことが伺えます。

一方でSNSはそれ自体が収益力を持っており、アバターを使用したアイテムの販売や各種有料サービスが支持されているようです。

総務省情報通信製作研究所では、今後の市場規模についても予測を立てており、ブログおよびSNSの両市場はさらなる成長傾向にあり、SNSに関しては2010年までに現状の1.5倍の規模が見込まれています。

KEYWORD