アマゾンの日本電子書籍市場参入がもたらす影響 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

アマゾンの日本電子書籍市場参入がもたらす影響

日本の電子書籍市場が再加熱しそうな状況下で、アマゾンの参入は以前より注目を集め、おそらく来年内には大きな動きがあると誰もが想像しているはずです。これは米国で見られたような出版市場の変化であると共に、電子端末市場の変化でもあります。

出版市場の変化については、今更、特筆することではありませんが、アマゾンの取扱書籍数は世界最大です。電子化できるものと、そうでないものがあるにせよ、電子書籍市場においても同等の位置付けとなるでしょう。

そこで注目を集めるのが「」です。iOSやAndroid、WindowsやMacでも専用のアプリが配布されているので、ご存じの方は多いと思いますが、これまでは英語書籍が大半を占め、日本語書籍がないために国内では普及していませんでした。しかし、日本語書籍の取り扱いが増えれば、話しは別です。

さらにアマゾンが独自に提供する電子端末「Kindle」も国内での販売が予想されます。先日、米国では新機種「Kindle Fire」が発売され、iPadを上回る大きな反響を呼びました。今年のクリスマス商戦では、大きな目玉となり、広く浸透することでしょう。

多くの特徴がありますが、一番驚かされるのはその価格です。$199(約15,000円)のタブレットは一説には製造原価を下回っていると言われるほどの安さ。単なる電子書籍端末ではなく、独自の技術による高速インターネットブラウジング、動画視聴など、全般的な機能面ではiPadに劣るものの、費用対効果の高い電子端末です。

ハードウェアとソフトウェアに加え、コンテンツを一気通貫で提供することができれば、当然、マーケットリーダーとしての要素を握ることになります。

これまで日本におけるアマゾンは単なるECサイトでしかありませんでしたが、今後はより生活に密接な企業となっていくでしょう。