iPhone, iPad, MacのリマインダーをiCloudにより同期する方法 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

iPhone, iPad, MacのリマインダーをiCloudにより同期する方法

iPhoneやiPadの標準搭載アプリのひとつにリマインダー(TODOリスト)があります。他のTODOアプリよりも機能性・デザイン性で優れていると筆者は感じ、愛用しているのですが、Macを含め、iCloudを使用したデバイス間の同期方法を以下に記載させていただきます。

iPhoneでの設定

iPhone リマインダー

[設定] – [] – [リマインダー] をオンにし、リマインダーを起動し、試しにタスクを入力して下さい。

iPadでの設定

iPad リマインダー

同様にiPadでも [設定] – [iCloud] – [リマインダー] をオンにし、リマインダーを起動すると、iPhoneで入力したタスクが確認できるはずです。

リマインダー

Macでの設定

システム環境設定

Macでは、「システム環境設定」を開き、「iCloud」を押下します。

カレンダー

MacのiCloud設定では、リマインダーという項目が存在しません。ここでは「カレンダー」をオンにして下さい。

リマインダーを表示

最後にiCalを起動し、上図のように [表示] – [リマインダーを表示] を押下します。これによりiCalの右横にリマインダーが表示されます。

OS X Lion以下のバージョンでは、リマインダーは単体のアプリとして存在しないため、このような設定になりますが、今夏リリース予定のMountain Lionでは、リマインダーがアプリとして用意されることになっていますので、設定方法がすべての端末で共通化されることになるでしょう。

  • iCloud PERFECT GUIDEiCloud PERFECT GUIDE
  • 本日の一冊

    iCloudの基本とできること、iPhone&iPadの初期設定、パソコンの初期設定、写真はフォトストリームで管理、メール、連絡先、カレンダーを同期、書類を複数の端末で編集、端末の買い換え・不具合にも対応、iCloud非対応サービスに欠かせないiTunes、iCloud対応アプリの活用、Googleサービスで他人と情報を共有