エンジニアもマルチマインドの時代 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

エンジニアもマルチマインドの時代

株式会社サイバーエージェント主催の起業家発掘イベント「Startups2010」が先日開催され、それを受け、代表取締役社長CEOの藤田晋氏が個人のブログで「エンジニアの時代」という感想を述べていました。同氏の意見の通り、エンジニア、特にマルチマインドを持つ人材は非常に貴重です。

まず、IT系企業には、他の業種同様、様々な職種があります。管理部門はもちろん、営業、プログラマー、SE、コンサルタント、プロジェクトマネージャー、サポート、会社によってはさらに細分化され、それぞれの性質・役割は全て異なります。藤田氏の言うエンジニアとは、この中の「プログラマー、SE、コンサルタント、プロジェクトマネージャー、サポート」を含んでいるのではないかと推察します。

同イベントは、事業計画を発表する場になりますので、参加者には、ここに加えて営業能力や経営感覚が問われます。つまり、全てを万能にこなすマルチマインドを持ったユーティリティプレイヤーでなければなりません。

そういった人材は簡単に見つかるものではないので、主催者側にも大きなメリットがあると思います。単に事業に対して投資を行うことはもちろん、企業側の採用の糸口にも成り得ます。起業マインドが強ければ、ヘッドハンターや転職エージェントを介することはないので、求人広告にも掛からないでしょう。一方で「Startups2010」のようなイベントには進んで参加するでしょうから人事から見れば、宝の山のようなものです。

藤田氏の言う通り、企業システムの鍵は内製化にあります。クラウドが進み、コスト削減は実現され、今後も新たなサービスが生まれるでしょうが、やはり経営同様、システムの改善にはスピードが問われます。それを内部で対応できるか否かでは大きな違いがあります。

システムに対する豊富な知識を持ち、自らそれを実現する術を心得、経営者の意図を把握し、現場に落とし込めるエンジニア、これはただ、技術力がある、地頭が良いといったことではなく、マルチマインドを持った人材でなければなりません。