自分で書籍を電子化してみよう! | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

自分で書籍を電子化してみよう!

iPadやKindleなど電子ブックリーダーも徐々に広がりを見せ、近頃では電車の中でおもむろにiPadを取り出し、読書を楽しむ人の姿が目に付くようになってきました。筆者もKindleを愛用しているので、既存の書籍の電子化に注目しています。有償サービスもありますが、自ら電子化されてはいかがでしょうか。

書籍を電子化する上で重要なツールは、「裁断機」と「スキャナ」です。特にスキャナはOCRに対応している必要があります。せっかく電子化しても単に画像としてPDFに変換しただけでは、その効果は半減してしまいます。テキストを認識するOCRであれば、文字検索が可能なので、HOWTO本などを見る際には大活躍します。そこでオススメの「裁断機」と「スキャナ」をご紹介します。

PK-513L

インターネット上でも口コミで話題になっている裁断機です。大きさも重量感も結構あり、初めて目にした時は「業務用?」と思うほどでした。しかし、その効果は絶大です!紙の厚さにもよりますが、300ページ程度の書籍までは裁断できると思います。それ以上は裁断口に入らないので、ご注意ください。裁断の際、寄れもなくきれいに切れるので、個人利用としては文句ない機能です。裁断箇所の目印としてLEDライトが付いていますが、個人的には分かり辛く使用していません。

リンク:PK-513L

Fujitsu ScanSnap S1300

富士通より販売されている高機能なスキャナです。持ち運びが可能なほどコンパクトで、WindowsとMacの両方に対応しています。メーカーサイトなどを見ると紙詰まり等を防止するため、8枚前後単位でスキャンした方が良いとありますが、個人的に試したところ、30枚位までは問題なく一度にセットできました。両面を一度にスキャンし、白紙については、自動的に読み飛ばし(スキャン除外)してくれる優れモノです。

リンク:Fujitsu ScanSnap S1300

勿論、OCR対応(要設定)。少し前までの市販スキャナの文字認識精度は低かったようですが、こちらは目測で90%以上を認識しています。残りの10%はと言えば、複雑なフォントなど例外的な文字です。

これらがあれば、自宅の書籍の大半は電子化可能です。興味のある方は是非、お試しください。

(Visited 36 times, 1 visits today)
KEYWORD