iPhone - 視覚サポート | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

iPhone – 視覚サポート

視覚サポート

iPhoneには「視覚サポート」という機能があり、利用者のニーズに応じて様々なアシスタントをしてくれます。上図のように [設定] – [一般] – [アクセシビリティ] を開くとはじめに表示されます。標準ではオフになっているので、オンに切り替えてご利用下さい。

VoiceOver

アイコンやメニューをタップするとその内容を音声で読み上げてくれます。視力の弱い方には確認動作として有効です。

ズーム機能

3本指でダブルタップすることで表示内容を拡大縮小し、表示範囲をドラッグできるようになります。ピンチの代替機能のようなものです。

テキストを大きな文字で表示

フォントサイズを20pt-56ptの範囲で指定することができます。視力の悪い方には標準サイズでは小さいので、この機能は必須でしょう。

黒字に白

ナイトモードのように背景色と文字色を入れ替えます。

選択項目の読み上げ

メール等のテキストを範囲指定すると「読み上げ」というメニューが表示され、音声として内容を読み上げてくれます。

自動テキスト読み上げ

VoiceOverが有効な状態で本機能をオンにすると、メニューやメール等のテキストを自動で読み上げてくれます。