ブログで収益を稼ぐには?

WordPressテーマSTORK19(ストーク)の評判!デメリット有

こんにちは。ブロガー歴4年目のヒイラギです。

 

ブロガーにとって欠かせないものと言えば、見栄えの良いWordPressテーマですよね。

 

最近は無料テーマでも使いやすいものが出ていますが、

やはり無料テーマには無い凝ったデザインを実現できるのは有料テーマならでは。

 

その中でも、「STORK19」という有料テーマのことはご存知でしょうか?

 

STORK19とは、OPENCAGE(オープンケージ)社が提供するWordPressテーマのことです。

 

シンプルでわかりやすく、「誰が使っても美しいデザイン」というのをキャッチコピーとしているんですよ。

 

そんなSTORK19ですが、購入検討中の方は

 

本当にお金を出す価値があるのかな?

使いやすさなどはどうなの?

 

と気になりますよね。

 

当初私も、ブログのテーマにお金をかけること自体に少し抵抗がありました…

 

が、長期でブログを運営していると有料テーマの良さがひしひしとわかってくるんです。

 

本記事では、STORK19の購入を迷っている人向けに、

  • STORK19を使った人の実際の口コミ・評判
  • STORK19の特徴
  • STORK19の料金

を解説します。

 

他社テーマとも比較しつつ解説しますので、比較検討中の方もこの記事ひとつでSTORK19を選ぶ価値があるかわかるようになっています。

ぜひ最後までお付き合いください!

 

究極のモバイルファーストのWordPressテーマ
\ STORK19(ストーク19)/

WordPressテーマ・STORK19(ストーク)の良い評判

 

それでは早速ですが、STORK19を実際に使っている人の良い口コミや評判をチェックしていきましょう!

 

STORK19の良い評判

  • 速度アップ&デザイン改善につながった
  • ブロックエディタ対応で記事が書きやすい
  • 利用者が多い

 

 

STORK19を使って速度アップ&デザイン改善につながった

ブログデザインをStork19で一新しました。前よりスッキリした感じで良い。まだまだデザイン力が足りないので若干ごちゃごちゃしている感じがするけれど、いい感じ

有料テーマを新調しまして、
STORK→STORK19
になりましたー!!🥳✨
(そんな変わらない?w)

✅速度アップ
✅ピックアップコンテンツ

この2つがめっちゃ良いです!
個人的に感動しました✨

 

実はSTORK19は、過去バージョンのWordPressテーマ「STORK」が新調されたもの。

パワーアップして帰ってきたSTORK19は、内部構造の軽量化やAMP対応が簡単になったことからページの表示速度アップに貢献しているようですね。

 

表示速度が大事な理由

2017年~2018年頃のGoogleの調査によると、ページの表示時間が1秒→3秒になるだけで直帰率が32%増加するとのこと。

(引用:Think with Google/ Find Out How You Stack Up to New Industry Benchmarks for Mobile Page Speed

さらに6秒で106%、10秒で123%まで増加してしまいます。

表示速度が大事と言われている理由はここにあったんですね。

 

ちなみにピックアップコンテンツというのは、ヘッダー下にオススメの記事を設置できる機能です。

こちらのページにある通り、サイト上部に最大4枚の画像を並べて特定のページを目立たせることができます)

 

見栄えも非常に美しく仕上がるので、デザインにもこだわりたい人にはオススメです。

 

STORK19はブロックエディタ対応済みで記事が書きやすい

ワードプレスのテーマSWELLにするかめちゃめちゃ迷って最終STORK19というテーマにしました!

ブロックエディタの対応具合と記事の書きやすさで決めました😇

 

STORK19では、WordPressの新仕様・ブロックエディタ(Gutenberg)に対応しています。

 

メモ

エディタというのはWordPressの編集画面のことです。

クラシックエディタが旧仕様。ブロックエディタが新仕様となります。

 

ブロックエディタというと、クラシックエディタではやりづらかった文字や画像の位置調整が簡単にできるのが特徴。

一方で旧エディタのWordPressユーザーからは、少し使いづらいとイマイチな声もありました。

 

しかしSTORK19はそんなブロックエディタが使いやすくなるよう対応済み。

他のWordPressテーマではショートコードでしか作成できなかった横並びのボタンや吹き出しなどを、見たままのデザインで編集できるように進化しています。

 

STORK19の横並びボタン

 

 

STORK19の吹き出しデザイン

 

 

エディタの好みは人それぞれですが、新エディタの直感的な操作でブログを作っていきたいと考えている人には向いていますよ。

 

STORK19を使っているブロガーが多い

最近いろいろな方のブログを拝見して、
なんか見覚えのあるテーマだと…

「これ、#STORK19 やないかっ!」

となり、1人で喜んでいます😝笑

 

色々な人のブログを見ているとSTORK19を使っている方が意外と多いことに気づかされます。

 

実際にTwitterで「#stork19」のタグ検索してみると、かなりの数がヒットしますよ。

 

すでに多くの人が使っているテーマであれば、もしカスタマイズで行き詰った時でも情報が見つかりやすいというメリットもあります。

これなら安心して使えそうですね。

 

究極のモバイルファーストのWordPressテーマ
\ STORK19(ストーク19)/

 

WordPressテーマ・STORK19(ストーク)の悪い評判

 

次に、念のためSTORK19の良くない評判についてもチェックしてみましょう。

 

STORK19の悪い評判

  • STORK19は複数サイトで利用できない

 

数は少なかったのですが、複数サイトで使いまわせない点が気になるといった声がありました。

使いやすくて良いテーマだと思うけど1サイトしか使えないのが難点😨

 

実は一部のWordPressテーマは、一度購入してダウンロードすれば2サイト目、3サイト目でも使いまわせます。

 

将来的にいくつもサイトを立ち上げたい人にとっては少し気になる点かもしれないですね・・・

 

もし複数サイトで再利用できるテーマを購入したければ、THE THOR(ザ・トール)AFFINGER6(アフィンガー6)がおすすめ。

 

ちなみにAFFINGER6は当サイトでも使用しているので、詳しいレビューを読みたい方は以下のページも読んでみてください。

 

Affinger6を実際に購入した評判レビュー!デメリットも暴露

直近で複数のブログを運営する予定はない人は、STORK19の方が安く済むので十分でしょう。

 

究極のモバイルファーストのWordPressテーマ
\ STORK19(ストーク19)/

STORK19(ストーク19)の特徴・メリット

 

STORK19の口コミがだいたいわかったところで、このテーマの売りとも言えるポイントを簡単にまとめておきますね。

 

STORK19の特徴

  1. モバイルファーストに設計されている
  2. 高いデザイン性
  3. ブロックエディタで直感的な操作が可能
  4. 表示速度への対応

 

STORK19はモバイルファーストのWordPressテーマ

 

STORK19の最大の特徴は、モバイルファーストのテーマだという点です。

 

つまりPCでのサイト閲覧だけでなく、スマホサイズの小さな画面で見た時に快適な表示になるよう作り込まれています。

 

近年はスマホでのサイト閲覧者の割合が上昇中。約53%の人がスマホのみでネットサーフィンをしています。

※参考:LINE /〈調査報告〉インターネットの利用環境 定点調査(2021年上期)

 

スマホユーザーにとっての利便性は無視できないものになっている今、STORK19のようなモバイルファーストのテーマの重要性は増してきています。

 

STORK19は高いデザイン性のあるWordPressテーマ

 

STORK19の2つ目のポイントは、ブログ初心者でも美しいデザインのサイトが作れるところです。

 

STORK19を使えば、HTMLやCSSの知識がなくても簡単にブログのデザインをカスタマイズできます。

 

たとえばサイトのカスタマイズ画面では、カラー設定や好みの画像を変更するだけでオリジナルのサイトにできますよ。

 

余談ですが、サイトの色合いはSCHEME COLORというサイトで決めるのがオススメ。統一感のあるプロっぽい色合いがすぐに見つかります!

 

なおSTORK19がブロックエディタ対応済みであることや、表示速度の対策を行っている点は上ですでに触れた通りです。

 

以上の特徴から、STORK19は機能性・見た目ともに優秀な有料テーマと言って間違いないでしょう。

 

究極のモバイルファーストのWordPressテーマ
\ STORK19(ストーク19)/

STORK19(ストーク19)の料金を他社テーマと比較

 

さて、次は肝心なお値段です。

 

他社の有名WordPressテーマも含め、STORK19との料金を比較してみます。

 

テーマ名 料金 ブロックエディタ対応 複数サイト利用
STORK19 11,000円 ×
ACTION(AFFINGER6) 14,000円
THE THOR(ザ・トール) 16,280円~30,140円 △(対応しているが非推奨)

 

こうして見てみると、何を求めるかによって向いているテーマが変わってきそうですよね。

 

全体的なバランスが取れているのはAFFINGER6ですが、STORK19より値段が少し高いのが人によってはネックかもしれません。

 

一方で、THOR (トール)はインストール時にサポートがついているのが特徴。

WordPressのテーマインストールが初めての初心者さんには至れり尽くせりな仕様ですので、操作に不安のある方はTHORを選ぶと良さそうです。

 

Affinger6を実際に購入した評判レビュー!デメリットも暴露

究極のモバイルファーストのWordPressテーマ
\ STORK19(ストーク19)/

STORK19(ストーク19)は安くて簡単におしゃれブログが作れる高機能テーマだった

 

以上、STORK19の評判や料金などについて解説してきました。

 

本記事の内容をまとめると次の通りです。

 

STORK19の評判

  • 速度アップ&デザイン改善につながった
  • ブロックエディタ対応で記事が書きやすい
  • 利用者が多い
  • 複数サイトでは使えないデメリットもあり

 

STORK19の価格は11,000円。他社有名テーマと比較すると少し安い。

 

そして、STORK19の唯一の弱点である「複数サイトで利用できない点」をクリアするならば、AFFINGER6THE THORで代用するのが解決策になります。

 

このデメリットが気にならなければ、現状STORK19の購入を迷う理由は特にないでしょう。

なお公式サイトでは実際にカスタマイズの操作性を確認できるデモサイトもありますので、気になる方は触ってみてくださいね。

 

究極のモバイルファーストのWordPressテーマ
\【公式】STORK19(ストーク19)/

-ブログで収益を稼ぐには?

© 2022 エンジニア副業道場 Powered by AFFINGER5