エンジニアとしてステップアップするには?

【具体例付】プログラミング学習でメンターの探し方を現役が解説

プログラミングでメンターをつけて勉強していきたいけどどこで探せばいい?

 

という方向けの内容になります。

 

記事執筆者:オザック

バックエンドエンジニア歴9年以上、年収1000万のエンジニア、オザックです!

某有名R社に勤めていた過去があり、副業を含めて関わってきたプロジェクトは20以上。

副業で初心者や中級者にプログラミングの設計をメンターとして教えています。

 

オザック
今回は普段メンターとしてプログラミングの設計を副業で教えている僕が、 どうやってメンターを探すのかを解説します。

 

この記事を読むとプログラミング学習で悩んでいた状態から、メンターを見つけて正しく学習できる状態になります。

 

オザック
3分程度で読み終わるので、メンター探しで悩んでいる方は読んでみてください

 

【メンター探し方結論】プログラミング学習はMENTA探すのが一番良い

結論から言うと、MENTAというプログラミング専門で探すのが一番簡単かつ良いメンターが見つかります!

 

MENTAが良い点

  • プログラミング専門のメンター探すサービス
  • 質の良い現役エンジニアが多い
  • プログラミングに関わる殆どのテーマのエンジニアがいる
  • 比較的安い

 

僕自身もMENTAでプログラミングの設計について教えています

 

MENTAの評判についてはこちらが詳しいです

MENTAの評判/口コミをメンター/メンティーの経験者が解説

プログラミング学習でメンターはいたほうが成長速度違う

僕の経験からプログラミング学習はメンターがいたほうが成長速度が全然違います!

 

僕は昔独学でプログラミングの勉強をしていましたが、AndroidのSDKの一つ一つのメソッドを暗記する必要があると思い、

ずっとノートに書いて一言一句覚えていましたw

 

よく使うメソッドの機能は知っておいたほうが良いですが、一言一句覚える必要はなく、

エディターで保管してくれるのでそれを使えば良いと言うのに気づくのに1年以上かかって知りました。

 

オザック
メンターがいればそんな無駄な勉強をしなくて済んだなと思います。

 

またエラーを解決するのに3日位かかったりすることが多々ありましたが、

メンターがいればそれも数時間で解決する出来ます!

 

なのでメンターいることはプログラミング学習を促進出来るはずです!

 

MENTAでメンターを探すメリット

まずはMENTAでメンターを探すメリットを紹介していきます。

 

現役エンジニアが多い

MENTAでは現役エンジニアが副業として自分の得意な技術を教えているケースが多いです。

 

なのでメンターの多くが現役エンジニアで現役ではなく、メンターを生業としている人は僕の見た限りでは少ないように思います。

 

また現役エンジニアから教わったほうが昨今の技術事情を知っているので、

自分の聞きたいことに+αで技術を学べるので良いです!

 

プログラミングのほぼ全てのテーマをカバーしてる

MENTAではWeb・アプリエンジニアにおけるプログラミングのほぼ全てをカバーしていると言っても過言ではありません!

 

MENTAの網羅しているテーマ

  • 初心者向けのRailsやPHPなど各言語のプログラミング学習
  • HTML、CSSのマークアップ学習
  • 各言語のコードレビュー
  • AWS・GCPなどのクラウドインフラ学習
  • フロントエンドのJSやReact、Vueなど
  • スマートフォンアプリ開発学習について
  • サーバ運用
  • AI/機械学習
  • ゲームプログラム
  • 副業やフリーランスの案件の取り方

などプログラミングに関する幅広いテーマが網羅されています。

 

MENTAの評判に関してはこちらが詳しいです

MENTAの評判を現役メンターが解説

 

的確にわからないことを解決できるメンターが募集できる

多岐にわたったテーマをカバーしているサービスなので、

 

ちょっとしたRubyでわからないバグやサーバの監視のベストプラクティスなど

 

オザック
どのテーマでも答えられるエンジニアがいるというのがMENTAの強みです!

 

まずは登録してメンターを探してみると良いです!

 

また細かいバグの解決を質問したいという場合は、「提案」という方法でメンターを募る事ができます!

 

そうすることでメンターが出しているプランからではなく、自分の解決したいことを軸にメンターを探すことが出来るという訳です。

 

これは他のサービスではないので、MENTAの特徴になります。

 

 

メンター料金が安い

他のサービスの比べて比較的に料金が安いです!!

 

理由は現役エンジニアの割合が多いので、副業のためそこまで本気でお金を稼ごうとしていないメンターが多いからだと思われます。

 

オザック
僕自身もその一人です。副業なのであまり負荷がかからないようにそこまで高い値段設定をしていないです。

 

ピンきりですが大体1000円〜1万円程度で8割程度のプランは購入することが出来ます。

 

プログラミングスクールの数十万円に比べたら圧倒的に安いですね。

 

MENTAの評判に関してはこちらが詳しいです

MENTAの評判を現役メンターが解説

MENTAでメンターを探すデメリット

続いてメンターを探すデメリットについて紹介します。

 

返信が遅い

MENTAでメンターをしている人の多くが現役エンジニアです。

 

なので副業でメンターをしているケースが多く、そうするとどうしても返信が遅くなってしまいます。

 

解決方法としては、MENTAに載っている

  • 返信率
  • 初回返信までの時間

というのを確認してメンターを選ぶとある程度良いです。

 

特に返信率は重要です。返信率が低いと返信が来ないので、まずは返信率を見てみましょう!

 

ちなみに僕の返信率と返答平均時間です。

最低でも90%は超えているのが望ましいです!

MENTAの返信率と初回返信時間

僕のMENTAの返信率と返答平均時間

 

期待していたメンターと違う場合がある

メンターと契約した後に思ったのと違う。。。

という場合も多々あります。

 

これは完全に防ぐというのは難しいですがある程度防ぐことは出来ます。

 

期待と違うケースを防ぐ方法

  • レビューを確認する
  • 契約する前に自分の問題が解決するか相談する

です。

 

ほかユーザのレビューを確認する

これは言わずもがなですが、必ず契約するメンターのレビューを書くにしましょう!

 

レビューである程度自分の問題が解決できるのかがわかります。

ちなみに手前味噌ですが僕の場合は

レビュー、アドバイスを細かくしていただきとても助かりました。
私自身、独学でGo言語の学習を始めたのですが、今回メンターさんを契約して学習していくことでGo言語もそうですが
設計やDB周りの知識も習得し、成長を実感できました。
未経験の方にもわかりやすく丁寧に教えてくださるメンターさんですので、契約して本当によかったと思っています。

MENTA参照

のようにGo言語や設計だけでなくDB周りの知識なども学べるんだと言うことがわかったり、

未経験者でもわかりやすいという点が、

レビューからある程度わかります。

 

契約する前にメンターが自分の問題を解決するかを確認する

まず契約前に自分の悩んでいる問題をメンターが解決できるのか確認しましょう!

 

「メッセージで相談をする」というので無料でメンターに相談することが出来ます。

 

これでメンターが自分の悩みを解決できる人かというのがわかるので、必ず確認しましょう。

 

MENTAでメンターの探し方のポイント

続いて本題のメンターの探し方のポイントを説明します!

 

オザック
ポイントを抑えることで、誤ったメンター選びをせずに済みますので、読んでみることをおすすめします!

 

現役エンジニアを選ぶ

現役エンジニアを選ぶと方が良いです!

 

現役エンジニアのほうが

  • 昨今の技術トレンドを理解している
  • 学ぶべき技術なのかどうかがわかる
  • プチ情報を貰える

というメリットがあります。

 

昨今の技術トレンドを理解しているので、その実装方法やライブラリよりも

もっと別のライブラリを使ったほうが良いなど昨今のトレンドに合わせた技術を教えてもらえて、

技術力が向上しやすいです。

 

返信をちゃんと返してくれるメンターが良い

MENTAに登録しただけで全く見ていないメンターもいて、

実際にメンターとして稼働していない人も多々います。

 

なのでメンターを探して

  • 返信率
  • 初回返信までの時間

というのを確認してメンターを選ぶと良いです。

 

僕自身もMENTAでプログラミングの設計について教えています

 

 

レビューを確認すること

レビューを必ず確認しましょう!

 

評価が高い人が勿論良いですが、ちゃんと内容も見てみると実際に他のユーザがどういうことをそのメンターから学んだのかということがわかります。

レビュー、アドバイスを細かくしていただきとても助かりました。
私自身、独学でGo言語の学習を始めたのですが、今回メンターさんを契約して学習していくことでGo言語もそうですが
設計やDB周りの知識も習得し、成長を実感できました。
未経験の方にもわかりやすく丁寧に教えてくださるメンターさんですので、契約して本当によかったと思っています。

MENTA参照

 

例えば先程の僕の例ですが、プランはプログラミングのクラス設計について教えるという内容です。

ですが、

  • Go言語について
  • クラス設計
  • DB周りの知識

なども一緒に学べるということが分かる内容になっていて、クラス設計以外も学べるということがわかります。

 

またレビューを見るとどういうことが学べるかのイメージが付きやすいので必ず確認しましょう。

 

少しでも気になるメンターは無料で相談してみると良い

少しでも気になるメンターがいたらまずは無料でそのメンターに相談しましょう!

 

メンターのプランにアクセスするとPCだと下にこのような画像が出るので「メッセージで相談」ボタンから相談することが出来ます。

MENTAの相談ボタン

 

クリックすると下のような画像が出るので、赤枠で囲ってある

  • まずは事前に相談したい
  • 少しだけ興味があります

のどちらかを選択して送ります。

MENTAの相談フォーム

 

そうすることで自分の問題が解決できるメンターなのかを確認することが出来ます!

 

合うメンターがいない場合は提案をすると良い

MENTAに登録しないとこのページをMENTAで見ることは出来ません。登録はこちらから

MENTAのメンター募集フォーム

MENTAでメンター募集フォーム

募集に書く内容

  • タイトル
  • カテゴリ
  • タグ
  • 募集スタイル(単発or継続)
  • 画像イメージ
  • 募集内容
  • 予算
  • 応募期間
  • 契約歴のあるメンターにこの募集を見せるか

などを書くことで募集できます。

 

もし探すのが手間、良いメンターが探せないという状況であれば使ってみましょう!

 

僕自身もMENTAでプログラミングの設計について教えています

 

 

【初心者向け】体系的に学びたい場合はプログラミングスクールが良い

MENTAでメンターを探すメリット・デメリット、ポイントについて説明していきましたが、

オザック
体系的に学びたい場合はプログラミングスクールのほうが良いです!

 

メンターというのはあくまでスポットの問題解決や

部分的なクラス設計を学びたい、サーバ監視のベストプラクティスを学びたいなどの問題解決に使う方が適しています。

 

体系的に0からプログラミングを学びたいという初心者の方はプログラミングスクールのほうが良いです!

 

おすすめのプログラミングスクールはこちらの記事が参考になります!

バックエンドエンジニアのスクールは絶対にこれ!勉強法も解説

プログラミング学習のメンターの探し方まとめ

今回は僕のメンターでの経験から「プログラミング学習のメンターの探し方」について説明していきました。

 

MENTAが良い点まとめ

  • プログラミング専門のメンター探すサービス
  • 質の良い現役エンジニアが多い
  • プログラミングに関わる殆どのテーマのエンジニアがいる
  • 比較的安い

 

MENTAの評判に関してはこちらが詳しいです

MENTAの評判を現役メンターが解説

-エンジニアとしてステップアップするには?

© 2022 プログラミング×エンジニア副業道場 Powered by AFFINGER5