RunKeeper - いいね!ボタン「Healthy」を公開 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

RunKeeper – いいね!ボタン「Healthy」を公開

Healthy

スマートフォンのエクササイズアプリとして人気の高いRunKeeperがFacebookのいいね!ボタンに相当する「Healthy」を公開しました。RunKeeperは、日本語化が行われていないにもかかわらず国内利用者が多く、今後、健康関連のウェブサイトにおける導入が予想されます。

RunKeeperとは

(iPhoneやAndroid等)アプリで、ジョギング、ウォーキング、サイクリング等のエクササイズ時に使用します。GPS(全地球測位システム)により移動距離や速度等をリアルタイムで測定し、消費カロリーの計算も行います。エクササイズ内容はログとして保存し、友人知人と共有も可能。最長距離や最短時間など記録を更新するとその旨を通知してくれるなど、(本人の意志が重要ですが)三日坊主にならないような工夫がされています。別途、機器を購入することで心拍数計測もできる優れものです。

Healthyの設定方法

Healthyボタン作成ページより3種類の中からお好きなボタンを選択し、コードを取得することが可能です。任意の表示箇所に貼り付けて下さい。

Healthyの導入例

上述したように健康関連のウェブサイト(特にフィットネス系)には、最適だと思います。筆者もRunKeeperは愛用させていただいておりますし、周囲を見ても愛用者が多数存在します。日本では、ジョギングだけではなく、自転車も空前のブームとなり、「健康」をキーワードにソーシャルの輪が広がり、マーケットは拡大傾向にあります。

Healthyの登場により気付かされることは「いいね!」もユーザニーズに目を向け、分野に特化することでより大きなマーケティング効果が得られるのではないかということです。今後、他のカテゴリー特化型ソーシャルメディアからも同様のサービスがリリースされるのではないでしょうか。