ウェブサイト作成時に活用したいソーシャルメディアプラグイン | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

ウェブサイト作成時に活用したいソーシャルメディアプラグイン

最近では、HTMLやCSSの知識がない方でも視覚的操作が可能なソフトウェアやウェブサービスの台頭によりホームページやブログを作成することができるようになりました。そこで機能やデザインをワンランク引き上げる上で活用したいソーシャルメディアプラグインを幾つかご紹介致します。

Facebookソーシャルプラグイン

Facebookソーシャルプラグイン

ホームページは作っただけでは意味がありません。人を呼び込むためにはそれなりの手段が必要になりますが、そのひとつがFacebookソーシャルプラグインです。事前にFacebookアカウントを設け、フェイスブックページを開設する手間はありますが、使い方次第で効果は十分にあります。特に「いいね!」や「コメントボックス」は情報の拡散に欠かせません。

Twitter素材

Twitter素材

TwitterからもFacebook同様、様々な連携サービスが提供されています。「ツイートボタン」と「ウィジェット」は頻繁に見掛けるのではないでしょうか。こちらも情報拡散効果がありますし、閲覧者とのコミュニケーション手段となります。Facebookとの棲み分けが必要になりますので、事前に検討されることをお奨めします。

Disqus

Disqus

Disqusは、ブログで見られるようなコメントシステムを簡単に実装できるサービスです。コメント記入者は、, , Google等のアカウントでログインでき、内容を各ソーシャルメディアに表示させることも可能です。閲覧者によって利用するソーシャルメディアは異なるため、Disqusのような仕組みは利便性を上げるだけではなく、コメント入力の敷居を下げる効果も期待できます。

Shareaholic

Shareaholic

ウェブサイトやブログでソーシャルブックマーク(はてな等)が表示されているのを見掛けたことはないでしょう。こちらも上述したサービス同様、情報拡散に有効な手段です。Shareaholicは、100を超えるソーシャルメディアを束ねたワンストップサービスで、その中から任意のソーシャルアイコンを表示させることが可能です。

一見、ウェブサイト上でオプションとして存在するようなこれらの機能もその有無で見る者に与える印象は大きく変わります。機能やデザインを向上させるだけではなく、ソーシャルメディアマーケティングやSEO等の効果もありますので、是非、ご活用ください。