Facebookへのアクセス状況がすごい! | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

Facebookへのアクセス状況がすごい!

グーグルが提供する「Ad Planner」の発表によると2011年6月のFacebookのページビューが1兆に達したとのことです。これはYouTubeの10倍、Twitterの100倍以上の数字になります。日本でも14億ページビューと高い数字を記録し、今後も成長が続くでしょう。

ユニークビジター数で見ると、8億7千万であり、これは先日、Facebookが公式発表した登録者数の7億5千万人を大きく上回っています。この差については容易に想像が付くと思いますが、検索エンジンからの訪問者であり、フェイスブックページを構える企業や個人が増えてきたことを物語っています。

日本国内でのFacebookのユニークビジター数ランキングは44位(900万)と後退しますが、ページビューでは9位(14億)になります。SNSの特徴でもありますが、利用者の滞在時間が長く、多くの情報が摂取されていることが分かります。

ちなみに国内最大のSNSサイト「」のランキングは、ユニークビジター数31位(1200万)/ページビュー5位(27億)です。mixiのユニークビジター数については、登録者数と近似値となりますが、最盛期の数字に比べると減少傾向が見受けられます。

米国やアジアのIT先進諸国の対人口Facebook利用者率は、50%前後になっているので、日本を含め、これからさらなる躍進が考えられます。