mixi meetup 2010 参加レポート | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

mixi meetup 2010 参加レポート

2010年9月10日に開催された「 meetup 2010」に参加させていただきました。SNSとして国内でその地位を不動のものとしたmixiがインターネットにおける「ソーシャル」をどのように考え、どこに向かおうとしているのかを垣間見ることができた貴重な体験でした。

筆者は、午後のメインセッション「mixi新プラットフォームの発表」および、その後の「ソーシャル x 」の二コマに参加させていただきました。

mixi新プラットフォームの発表

本セッションで最も多く耳にしたキーワードは「」でした。司会進行を務めた代表取締役副社長 原田明典氏やセッション後半に登壇した代表取締役社長 笠原健治氏の口からは、mixiは「ソーシャルグラフプロバイダー」である旨が強調されていました。

中国最大のSNS「renren.com」や韓国最大のSNS「cyworld」とのアライアンスによりプラットフォームに互換性を持たせ、3サイト合計2億人におよぶユーザに対してアプリの相互販売を行うなどビジネスとしての広がりの可能性を感じさせる内容でした。

また、この日、リリースとなった新サービス「mixi Plugin」と「mixi Graph API」の発表もあり、外部サイトとの連携を強めることで「ソーシャルグラフプロバイダー」としてスタンスを具体化していました。両サービスを先進的に取り入れた事例として楽天、はてな、DeNA、ヤフーが登壇し、ソーシャルグラフへの取り組みを発表しました。

ソーシャル x マーケティング

ソーシャルマーケティングの著名人4名によるパネルディスカッションで、海外でのFacebookファンページの活用事例やマネタイズについて話し合いが進められました。

個人的に耳に残ったのは、ITジャーナリスト佐々木俊尚氏の意見で「Facebookは5億ユーザいるにもかかわらず、5億ドル(1人100円)の売上しか上がっていない。これは生成と収穫の場所が異なる為に起きる現象で、ソーシャルメディアで広告打っても(生成)、検索エンジンやアフィリエイトが収穫の場所となっている。ソーシャルメディア内で収穫も行えれば、SNSにおけるマネタイズは大きく変化する」といった内容です。

また、「テレビは視聴率を評価指標とし、実際の業績とリンクさせ、効果検証を行うのは難しいが、インターネットであればコンバージョンを見て取れる。そのために企業がインターネットに注目するのは必然である」や「ブランディングは、依然としてテレビが押さえ、インターネットではそれを実現する方法が確立されていない」といった意見も共感するものがありました。

総括すると、これからのソーシャルメディアにはサービスとしてより深いつながり(ソーシャルグラフ)が求められ、運営者側ではマネタイズの仕組みの改善が追求されるということになります。単にSNSという視点からでは閉塞感が強まり、mixiの存在価値は薄れて行きますが、「mixi Plugin」や「mixi Graph API」といったmixi Platformに重点を置くことで、次のステージへと進化していくでしょう。