各種マイクロブログサービスを概観 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

各種マイクロブログサービスを概観

Twitterを皮切りに注目度急上昇中のマイクロブログサービス。最近ではその数も増え、どれを使えばいいのか、取っ付き辛く戸惑っている方もいると思います。結論から言えば使い易いものを使うという当たり前のことに行き着くのですが、TPOに合わせて検討されてはいかがでしょうか。

まずは各種サービスを概観します。現在の主要なマイクロブログサービスと言えば、以下になるのではないでしょうか。

マイクロブログサービスの草分け的存在で世界で最も利用者を集めています。スマートフォンでのアプリケーションの数もダントツ!国内外を問わずフォロワーを集められるので、「まずはこれ!」といった存在です。

Google Buzz

グーグルが提供するマイクロブログサービス「Buzz」は他と比べると後発的なサービスです。認知度もまだまだ低いですが、Twitterとの連携機能もあり、既にGMAILなどのウェブサービスを利用されている方にはオススメです。

アメブロで有名なサイバーエージェントが手掛けるマイクロブログサービス「アメーバなう」は、有名人の利用者が多く、アメブロユーザが併用する位置付けにあります。サービス開始当初、利用者数を爆発的に伸ばしましたが、やはりアメブロユーザ中心のため、現在は伸び悩みを感じます。

ご存知の国内最大手SNSサイト「mixi」ではコンテンツのひとつとしてマイクロブログサービス「ボイス」を提供しています。mixiユーザはワンストップサイトとしてボイスを使用するもの良いかもしれません。ただし、SNSではそのサイト内でのつぶやきとなり、広範な「伝播」という点ではTwitter等には大きく劣ります。

こちらは世界最大のSNSサイトですね。Twitterとの連携を重視したアプリも数多く出ており、TwitterのつぶやきをそのままFacebookにも反映させることも出来ます。しかし、mixi同様、サイト内でのつぶやきとなるため、伝播性には欠けます。

もし、あなたがmixiを愛用していて、マイミク中心につぶやくのであれば、「ボイス」だけで良いでしょう。好きな芸能人のつぶやきやアメブロを愛用しているのであれば「アメーバなう」だけでいいと思います。より広範なつながりを求め、場合によってはビジネスにも利用することを考えているのであれば「Twitter」が有効です。

このように自分の状況に応じてマイクロブログサービスを選定することが有効な手段であり、長続きするコツです。すべてのサービスを利用しようとすれば、余程マメな人でない限り、手が回りません。まずは自分にあったサービスから始めてみて下さい。マイクロブログの素晴らしさが理解できるはずです。