ホームページを露出する | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

ホームページを露出する

世の中に存在するすべてのものは誰かの目に触れ、評価されたときに始めてその価値が生まれる。ホームページも例外なくその対象となり、検索エンジンがその入口となります。SEO(検索エンジン最適化)という概念もそこから生まれ、今では企業戦略の一つとして組み込まれ、大規模な予算を割くほどになりました。

しかし、SEOは短期間で成果を出すものではありません。公開したばかりの新入りホームページは、同じ内容であってもベテランホームページより低い評価を受けます。優良サイトからの外部リンクやきめ細やかなメンテナンスも時間をかけて行うものであり、即効性はありません。

それでは、公開したばかりのホームページは、時間が立つのをただ待つだけなのかといえば、もちろん「NO」です。SEOを日々講じていくこと以外にも出来ることはあります。その代表格がネット広告と言えるでしょう。先程、検索エンジンがホームページへの入口と言ったのは、インターネット利用者のほとんどが最初に開くページは「」や「」などの検索サイトであり、何かを調べるときには絶対的な存在だからです。

そして、これら検索サイトは「検索連動型広告」という広告サービスを展開しています。グーグルからは「アドワーズ」、ヤフーからは「スポンサードサーチ」という名称で売り出しています。共に低価格でのネット広告を実現しており、SOHO規模のビジネスでも手が届く設定になっています。

両者共に仕組みは似ており、事前に検索キーワードを指定し、「いくらの範囲で広告を出す」と決めます。利用者が検索結果画面の上部または右横に表示された広告で興味のあるものをクリックすると、その度に課金されるというものです。キーワードの料金は人気があるものほど高く、低いものほど安くなっているので、ニッチなキーワードの組み合わせを選ぶことで低価格で効果的な広告を打ち出すことも可能になります。

こういった検索連動型広告はSEOとは別物なので、新入りホームページでも検索結果の1ページ目に表示することが出来ます。公開初期はネット広告で対応し、その間にSEOを施し、後に安定したアクセスを集めるというのが理想型でしょう。SEOとネット広告を有効に併用したウェブ戦略を展開出来ればお問い合わせ件数も飛躍的に伸びると思います。