インターネットにおける卸業 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

インターネットにおける卸業

本日の日経新聞にこの不況下において売上を伸ばしている企業の紹介がされていました。株式会社ディー・エヌ・エー株式会社ラクーンは共にインターネット上で卸業を営む会社です。それぞれネッシースーパーデリバリーというサイトを運営し、驚くほどの勢いで会員数を増やしています。

インターネットを利用しているとは言ってもビジネス内容は通常の卸業と何ら変らず、サプライヤーとバイヤーのパイプラインとして存在します。取引に関する詳細情報は会員のみに公開し、会員登録するには有償または無償にて手続きを行う必要があります。

従来のインターネットを介さない卸のスタイルでは取引先の数に限界がありましたが、インターネットは不特定多数との取引を可能にし、より良い条件での取引ができるため、人気を集めているようです。

こういったネット卸ビジネスは何もモノの売買だけではありません。企業間のニーズをマッチングさせるという意味では、ビジネスマッチングサイトも限りなく近いニュアンスを持っています。ネット卸には様々なものが存在し、最終的にアクセスが集中するサイトは限られてきますが、比較的新しい概念であり、知名度も高くないことから今後の成長が期待される分野のひとつです。

インターネットにおける新たなサービスは常に求められているものであり、成功に対するリターンは大きいですが、乱立するビジネスモデルの中では核となる特徴が要求されます。そういった中で支持される両社のサービスは質が高いものと言えるのではないでしょうか。