2010 オープンソースアワード(CMS部門) | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

2010 オープンソースアワード(CMS部門)

  • 2010/11/22
  • カテゴリー:CMS

による2010 オープンソースアワードもいよいよ最後の発表を迎えました。トリを飾るのは毎年恒例となっている「CMS部門」です。今年は従来の「オープンソースCMS」に加え、過去に大賞を受賞し殿堂入りしているCMSの中からナンバー1を決める「Hall of Fame CMS」が挙げられています。前者は「CMS Made Simple」が、後者は「WordPress」が選ばれました。

オープンソースCMS部門

CMS Made Simple

受賞理由について審査員は、コンテンツ編集者、デザイナー、システム管理者、すべての立場からCMS Made Simpleは機能性および操作性に優れ、ドキュメントが充実している点を挙げています。本部門においてCMS Made Simpleが1位に選出されるのは初めて。今後の躍進に期待が集まります。

殿堂CMS部門

WordPress

本部門は今年で二回目。ファイナリストには、, Drupal, Joomla! というオープンソースCMSの主要3プロダクトが顔を揃え、その中からWordPressが大賞の栄冠に輝きました。CMSの評価点として重視されているのが、「機能性」と「操作性(簡易性)」です。そこにコミュニティの充実度が加わり、総合結果としてWordPressが選ばれました。海外はもちろん、国内でもその知名度と実績を確実に伸ばしているCMSであるだけに納得の結果と言えます。

今回の「2010 オープンソースアワード」には、およそ7,000プロダクトがノミネートし、24,000票が投じられました。大賞を受賞したソフトウェアは、その中の6つ、いずれも名立たるオープンソースばかりです。これまで触れたことのない方は、是非、試されてはいかがでしょうか。

(Visited 225 times, 1 visits today)