WordPress 管理画面をリッチにする「Fluency Admin」 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

WordPress 管理画面をリッチにする「Fluency Admin」

  • 2010/10/05
  • カテゴリー:CMS

Fluency Admin

WordPressの管理画面は、バージョン2.8辺りから使い易くなりましたが、他のCMSと比較するとデザインにチープ感があることは否めません。それを補ってくれるプラグインが「Fluency Admin」です。シックなデザインにシンプルなレイアウト、表示するロゴの指定もできるため、ビジネスユースにも良いかもしれません。

メニュー展開

筆者が特に気に入っているのが、メニューの展開です。デフォルトでは、サブメニューを開く場合、アコーディオンメニューのように下に展開されます。プラグインが増えるとこれが非常に使い辛い。そこでメインメニューを折りたたみ、アイコン表示(テキスト非表示)にするとマウスオーバーで横に展開されるので、筆者の場合は後者を利用していました。

しかし、WordPressに慣れていない方が利用する場合、アイコンだけではこちらも使い辛い。Fluency Adminは、まさにこの欠点を補い、テキストが表示された状態でサブメニューを横展開してくれます。

ヘッダおよびフッタの非表示

もう一点、お気に入りの要素としては、ヘッダとフッタが取り除かれているところです。これがデザインにシンプルさを与えています。

ホットキー

Fn(ファンクションキー)」を押しながら各メニューの右横に表示されているホットキーを押すことでマウスを使用しない操作が可能になります。

留意点

Fluency Adminでは、メインメニューが固定幅で表示されるため、筆者の場合、「ダッシュボード」が折り返しで二行表示されていました。幅を広げ、一行表示したい場合は、「設定 > Fluency Options」を開き、「Custom menu width」に任意の値を入力して保存してください。また、同設定画面においてロゴの指定もできるため、必要に応じてご利用ください。

Fluency Admin - 設定

参照情報

(Visited 644 times, 1 visits today)