CMSとしてのWordPress MU | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

CMSとしてのWordPress MU

  • 2010/02/08
  • カテゴリー:CMS

WordPressをCMSとして利用するウェブサイトが急増していますが、WordPress MU(以下:)となるとその数は激減します。バージョン3以降では、WordPressとWPMUが統合される方向にあり、管理者はWPMUにも慣れておく必要があります。それでは、WPMUをCMSとして利用した場合、これまでと何が違うのか概観したいと思います。

マルチサイトに最適

ご存知のようにWordPressはブログ起点のソフトウェアです。通常のWordPressは、シングルサイトを想定しており、個人ブログサイトとしては最適ですが、アメブロのように多数のブロガーを抱えるメガサイトには成り得ません。それを実現するのがWPMUです。1ドメインの中に複数サイト(ユーザ)を構築できるというのは、CMSおいても大きなアドバンテージです。WPMUでは、サブサイトをサブドメインまたはサブディレクトリとして扱えます。

サイト管理の分業

マルチユーザであるということは、サイト単位で管理者を設け、管理を分けることができるということです。マスター管理者は全サイトの管理ができることが前提になりますが、個々のサイト管理者に他のサイトの管理ができてはセキュリティ上も問題になります。WPMUではこういった管理体制が標準機能で用意されています。

テーマはサイト単位

複数サイトの運用になるとサイトごとにデザインを変更したいというニーズが頻繁に上がってきます。WPMUでは、サイト間での干渉がないため、そういったニーズにも対応可能です。

プラグインもサイト単位

同様にサイトごとに使用するプラグインにも違いがあります。WPMUでは、全サイト共有で同一のプラグインを使用させることも可能ですし、個別に指定することもできます。

カテゴリやタグの扱い

サイト間でのカテゴリやタグのハンドリングも気になるところですが、こちらも干渉しないため、個々に定義して行きます。

Automatticの関係者からは、WordPressがWPMUに統合されるとの話しを聞いていますので、上記のようなWPMUの機能は残っていくはずです。現状では対応するプラグインの数がWordPressに比べると少ないというデメリットはありますが、今後、その問題も解消され、すべてのサイトがWPMUで実装させることになるでしょう。

(Visited 96 times, 1 visits today)