WordPress - 動作があやしいと思ったら要確認! | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

WordPress – 動作があやしいと思ったら要確認!

  • 2009/07/30
  • カテゴリー:CMS

あるホスティング会社のVPSを使用して、 2.8.x を運用していたところ、いくつかのプラグインを有効化すると画面が真っ白になったり、一部のメニューが使用できなくなるという不具合に遭遇しました。コードを追いかけて原因を究明するにも時間がかかりますし、何よりそれだけのスキルがなければ対応できません。

Google AnalyticatorBroken Link Checkerなどどれも重要なものばかりで外すことはできません。結局、一番手っ取り早い方法として安定稼働している別環境の設定に合わせることを選びました。

プラグインを有効化することで動作に異常が見られるということは、高い確率で「.ini」の設定に問題があります。異常が見られるサーバと正常稼働しているサーバに「<? phpinfo(); ?>」を記述したファイル(名称は任意)を置き、ブラウザ上で両者の設定内容を見比べます。バージョンによって違いもあるので、まったく同じ設定にすることはできない場合もありますが、これでだいたいの不具合は解消されるはずです。

以下が設定例になります。値が設定されていない項目や公開できない項目は削除しておりますので、あくまでも参考程度に止めておいてください。

PHP Core

Directive Local Value Master Value
allow_call_time_pass_reference On On
allow_url_fopen On On
allow_url_include On On
always_populate_raw_post_data Off Off
asp_tags Off Off
auto_globals_jit On On
default_charset UTF-8 UTF-8
default_mimetype text/html text/html
define_syslog_variables Off Off
detect_unicode On On
display_startup_errors Off Off
enable_dl Off Off
expose_php Off Off
file_uploads On On
html_errors On On
ignore_repeated_errors Off Off
ignore_repeated_source Off Off
ignore_user_abort Off Off
implicit_flush Off Off
log_errors On On
magic_quotes_gpc On On
magic_quotes_runtime Off Off
magic_quotes_sybase Off Off
register_argc_argv On On
register_globals Off Off
register_long_arrays On On
report_memleaks On On
report_zend_debug On On
safe_mode Off Off
safe_mode_gid Off Off
short_open_tag On On
sql.safe_mode Off Off
track_errors Off Off
xmlrpc_error_number 0 0
xmlrpc_errors Off Off
y2k_compliance On On
zend.ze1_compatibility_mode Off Off

mbstring

Directive Local Value Master Value
mbstring.detect_order no value no value
mbstring.encoding_translation Off Off
mbstring.func_overload 0 0
mbstring.http_input pass pass
mbstring.http_output pass pass
mbstring.internal_encoding no value no value
mbstring.language Japanese Japanese
mbstring.script_encoding no value no value
mbstring.strict_detection Off Off
mbstring.substitute_character no value no value

「php.ini」は共有サーバでは変更することができないので「.htaccess」で対応できる部分はそちらで行ってください。また、管理者のサーバ運用ポリシーもありますので状況に応じて使い分けてください。