WordPress - 次期バージョン2.9に求めたい機能 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

WordPress – 次期バージョン2.9に求めたい機能

  • 2009/07/17
  • カテゴリー:CMS

2.8.1がリリースされたばかりで2.9の話しは少々早いかもしれませんが、有能なオープンソースであるだけに欲張ってしまいます。先日、「Vote for 2.9 Media Features」というアンケートが実施され、筆者も参加させていただきましたが、それ以外の部分については「Codex – Version 2.9」でも公開されていません。

個人的に次期バージョンに求める機能は多々ありますが、他のCMSで標準サポートされている機能を優先的に網羅していただけたらと感じています。WordPressはブログツールとして生み出されたソフトウェアであり、それが時流もあってCMSへと発展して行きました。したがって、CMSに特化して作られたDrupalやJoomla!などに比べるとコンセプトが異なっていることは当然です。

しかし、今ではMovable Typeも含め、類似したソフトウェアは広義にはCMSとして位置付けられていますし、実際にCMSとしても利用されています。その上でWordPressに欠けている機能とは・・・。以下にプラグインではなく、標準機能として求める機能を挙げさせていただきます。

データベース管理

データベースのバックアップやリストアは定期的に行いますし、WP-DBMangerのような柔軟なデータハンドリングは必須です。phpMyAdminからの操作もいいですが、同一画面内で完結した方が利便性は高いはずです。

管理画面コントロール

権限によって使用できるメニューは限定されていますが、細かいメニュー管理を行うにはプラグインを使用しなければなりません。また、ダッシュボードや新規投稿などでデフォルト表示されるコンテンツをコントロール(例:新規投稿ではすべてのユーザに対し、カスタムフィールドを表示しない)できれば、さらに用途が広がります。

メンテナンスモード

サイトの開発中に「工事中」など本番環境を公開せずに代替のページを表示させる機能です。現在もプラグインでいくつか配布されていますが、バージョンアップの際に互換性の問題で誤動作を起こすことがあるので気になっています。

SSL

こちらもプラグインで配布されていますが、動作が不安定なことがあります。また、専用SSLであればよいのですが、共有SSLでは機能しないケースが多々あります。これはWordPressの「一般設定」でデータベースにURLを登録している関係もあるので、改善するとすればコアな部分も関わってくると思われます。

PHP

テンプレート以外(投稿・ページ・ウィジェット)でPHPを実行可能にするには、通常「Exec-PHP」を使用していると思いますが、CMSとして利用する場合、かなりの頻度でPHPが必要となるので、ユーザ権限設定レベルで使用可否を選択できれば嬉しいですね。

実際には、これらすべてを2.9で組み込むことは非現実的ですので、ひとつでも実現され、近い将来、すべて網羅していただけたら嬉しいですね。一利用者として勝手なことを申し上げてしまいましたが、これらを求める利用者は少なくないはずです。