ウェブデザインを向上させる「Google Web Fonts」 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

ウェブデザインを向上させる「Google Web Fonts」

タイポグラフィに代表されるように、ウェブデザインとフォントは切り離すことができない関係にあります。Google Web Fontsは、2011年7月20日現在、199のフォントを無料公開しています。設定も簡単でCSSを使用して任意の箇所(英数字のみ)に適用することができます。

フォントの選択

Google Web Fontsにアクセスし、任意のフォントを選択(Add to Collection)します。選択したフォントは下図のようにリストに追加されますので、選択が完了したら下部右側にある「Use」をクリックします。

フォントの選択

フォントの適用

次画面では、ヘッダーに追加するlinkタグとCSSで入力するfont-familyが表示されるので、それぞれをコピーしてご利用ください。

フォントの適用

冒頭に記載したように英数字のみにしか適用できませんが、それでもウェブデザインを向上させてくれるツールとして重宝するはずです。

(Visited 137 times, 1 visits today)