ホームページ制作の基礎 - ブラウザ互換チェック | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

ホームページ制作の基礎 – ブラウザ互換チェック

ホームページ制作に携わる上で、最も気をつけなければならない点として「ブラウザの互換チェック」があります。インターネットエクスプローラー(以下:IE)FirefoxSafariOpera、最近ではグーグルからGoogle Chromeも出ていますが、ホームページの表示(レイアウト)は、ブラウザごとに異なり、IEではきれいに表示されていても他のブラウザではまともに見ることもできないほど崩れてしまうことがあります。

これを回避するにはそれぞれのブラウザで実際に表示してみて微調整をするといった地道な作業しかありません。また、同じブラウザでもバージョンが異なるとまったく違った表示になることがあり、IEはその典型とも言えます。

一台のパソコンに複数のブラウザを共存させることは可能ですが、同一ブラウザの複数のバージョンを入れるとなると少し厄介になってきます。市場で出回っているブラウザの大半はIEであり、最近ではIE7の普及率も上がりましたが、未だにIE6を使用している人も少なくありません。そこでIEの複数バージョンを共存させる必要が出てくるのですが、個人的なお気に入りは「IETester」です。

現在、最新のIETesterのバージョンは「0.2.3」とまだまだ発展途上中ですが、下図のように同一ブラウザ内にタブとして、IE5.5, 6, 7, 8 beta 2を表示させることが可能です。機能は通常のIEに比べると劣りますが、利用者としてウェブディベロッパーを対象にしているはずなので、今後、FireBugのような機能も実装していくことが予想されます。

IETester