WAMPとMAMP | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

WAMPとMAMP

WAMPとMAMP

ウェブサーバの環境として支持を得ている「LAMP」。ご存知のようにLinux, , , PHPのそれぞれの頭文字を取って付けられた通称です。一方で、デモ環境や開発環境では、ローカルにウェブサーバ立てるケースが多いので、その際に重宝するのが「WAMP」と「MAMP」です。

WAMPは、Windows向けのサーバモジュールでインストーラーをダブルクリックするだけでApache, MySQL, , phpMyAdminがインストールされます。同様のアプリケーションにXAMPPがありますが、MercuryやWebalizerなど他のサーバモジュールがバンドルされているため、シンプルな環境のみを必要とするウェブデザイナー等はWAMPを好む傾向にあります。そして、MAMPはそのMac版にあたります。

両者共にウェブサーバとして最小限のモジュールのみを実装しているため、ノートパソコンでも動作は軽快です。起動するとタスクバーに常駐し、そこから簡単にパラメータ(httpd.confやphp.ini等)を編集することも可能です。

既にご利用になられている方も多いと思いますが、ご存じない方は、是非、お試しください。