Chromebook 発売は6月15日 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

Chromebook 発売は6月15日

Chromebook

ついにグーグルがChrome OS搭載パソコン「」の発売を公表しました。Chromebookオフィシャルサイトによれば、6月15日にAmazon.comとBestBuyより販売開始されるようで、ハードウェアは、SamsungとAcerからそれぞれ1機種ずつ提供されます。

起動時間は8秒!

機能紹介ページでは、特に起動時間の短さを強調しています。その時間、なんと8秒!WiFiと3Gで違いはあるでしょうが、MacBookを超える速さです。もちろん完全なるクラウドデスクトップ(ブラウザ)であるがために可能な時間です。

WiFiと3Gによる接続

WiFi標準搭載で、3Gはオプションとのことです。WiMAX等の通信手段をお持ちの方は不要でしょうが、先行発売される米国では、ベライゾンが3Gを提供するようで、料金体系は従量課金制になっています。

クラウドデスクトップ

上述したようにChromebookは、完全なるクラウドデスクトップです。グーグルアカウントでログインし、設定はPC/MacのGoogle Chromeと常に同期されます。GMAILやグーグルドキュメントのようにアプリもすべてクラウドなので、バックアップも常時、自動的に行われます。万一、Chromebookを紛失・破損してもデータには支障がありません。

Chromebookは、ウェブアプリを使用するためのパソコンです。従来のようにデスクトップアプリケーションをインストールすることはできません。しかし、人々のパソコンの使い方がウェブ中心にシフトしたことで生まれた新たなスタイルです。今後、クラウドサービスがさらに充実すればビジネスシーンでも利用される可能性は十分にあります。