Android - 主要IME(日本語入力)一覧 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

Android – 主要IME(日本語入力)一覧

Androidスマートフォンの普及が加速する中、筆者が個人的に重視しているのはIME(Input Method Editor)です。現在、Androidマーケットで配布されている日本語対応のIMEをいくつかピックアップしてみましたので、ご利用されたことのない方はお試しください。

Simeji

おそらくAndroidユーザであれば、知らない人はいないであろう無料IME「Simeji」は、多くの拡張機能を持ち、動作も大変安定しています。個人的に唯一、改善点を挙げるとすればキーボードデザインの改善でしょうか。どうしてもチープ感が否めないので、そこが改善されれば◎です。

ArtIME 日本語入力

キーボードのデザインの美しさを挙げるのであれば、ArtIME 日本語入力は、筆頭格と言えるでしょう。フリック、マッシュルーム機能も備わっており、開発予定のSocial IMEへの対応が待ち望まれます。

OpenWnn plus

OpenWnn plusの利用者はSimejiに次いで多いのではないでしょうか。フリック入力、マッシュルーム拡張、Social IMEなど必要な機能が一通り揃っています。

ATOK

先日、有料化されたジャストシステムのヒット商品「ATOK」。標準価格は1,500円ですが、6/27 AM10:00までは980円です。特徴はジェスチャー入力、高い漢字変換能力、マッシュルーム機能の搭載等。長年培われたノウハウがあるだけに思わず手が出ますね。